小出裕章・京大助教に聞く 2011年4月9日 東京新聞朝刊

東京新聞の2011年4月9日朝刊に、小出裕章氏のインタビューが掲載されました。

【特報】 “原子力村”推進一辺倒 反骨の学者、小出裕章・京大助教に聞く
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011040902000088.html

依然、綱渡りの状況が続く東京電力福島第一原子力発電所の事故。その状況を悔しさや怒り、おそらくは敗北感も抱えつつ、注視している人がいる。京都大原子炉実験所の小出裕章助教(61)だ。原子炉の安全や放射能測定を研究してきた。学生時代に原発推進派から反原発派に立場を変え、その後、四十年間、原発の危険性を訴えてきた。小出助教に事故の現状や原発が推進された背景を聞いた。 (京都支局・芦原千晶)

上のページには記事そのものは掲載されていないため、東京新聞が手に入らない地域の方もいると思い、主要部分(小出氏の福島原発事故に関する発言部分)のみを転載します。小出裕章氏をここまで大きく取り上げる東京新聞を讃えたいと感じます。

・(福島第一原発の事故で)予測される最悪の状態は、炉心全体や大半が溶け落ちるメルトダウンだ。今も溶融しているのは確実だが、一部にとどまってくれている。

・(炉心冷却について)綱渡りだが、冷却効果はあり、大規模なメルトダウンの可能性は五分五分よりは低くなった。ただ100度以下にはなっておらず、冷却は不十分。できなくなれば、炉心溶融は進む。

・福島では原子炉が壊れずに、メルトダウンが進む可能性がある。そうなると、高温の溶融物と下部の水が反応すれば水蒸気爆発が起き、桁違いの放射性物質が飛び出す。これが一番怖い。

・水蒸気爆発が起こって炉心にある放射性物質の大部分が、ガスや微粒子になって空中に飛び散れば、汚染はチェルノブイリと同レベルだ。

・もしこれが起きてしまえば手の打ちようがない。

追記
こちらおよびこちらに記事全文が掲載されています。

コメントは受け付けていません。