最悪の状態は回避されていない 小出裕章

2011年4月8日頃にジャーナリストの木下黄太氏が小出裕章氏に話をきいた内容が彼のブログにアップされています。貴重な情報です。該当部分を転載させていただきます。

ジャーナリスト 木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」

窒素注入後に1号機におきていることなどから考える 2011-04-09 00:06:07

容積が限られている中で窒素をいれるということは、あたりまえだけれども、高濃度のガスを出すことにつながる。でも、そうすると、影響はでますよ。できればやりたくない。できればやりたくないけれども、やるしかない。やらざるおえない圧力の問題もあるし、水素爆発の危険の回避もある。。つまり、元々、日本の原子力の皆さんはそういう手法でやってきたのですから、今回もそういう感じでやるのがごく普通かもしれません。ドライベント並みの高濃度の放射能が結果的に出ても、先にきちんと報告しないと言うのも従来からの体質となんら変わらないと思いますよ。危険度は変わっていないのですが、結果がいつ出るのかと思いつつつづけて、破局が来るのか来ないのか、見えないまま一ヶ月が過ぎた。悪くなる方向はもちろんあるままですけれども、こうしたよくわからない状態が数ヶ月続くことも想定できるでしょう。これは冷やし続けるしかない。水を入れ続けるしかない。水は大量に入れ続けるしかない。この水をどうするのかという手段はほとんど何もない。大量に掛けて冷やし続けるしかない。たまった水は大量になる。大量になればなるほど、処理する術がない。結局海に流すしか方法が無い。そうすると目に見えるところで、大量の海水に流れているという報道になるけれども、実は地下のコンクリートで、目に見えない形でしみこんでいる。ずっとしみこんでいる。これは判らないから議論もされなさそうだけれども、本当はずっと多いですよ。この一連の流れで地下のコンクリートが健全な状態だと考えるほうが不思議。目に見えないから認識されにくいだけですよ。そして、もちろん大気中に放射性物質は降り続ける。今の状態は最低で数ヶ月は続きますし、場合によっては年単位で続く。今の段階でも最悪のシナリオは回避できると、自信をもっていえないんですよ。発生から、一週間程度で、僕は決着すると思い込んでいたのですが、結局そうはならず、事態はずっと継続されたままなんですよ。それでも、最悪の状態が回避されたとはとても言えない感じなんです。一つは、燃料の崩壊熱があまり減っていないことです。一ヶ月たつのにあまり減っていない。一ヶ月が経過していますが、この時期では崩壊熱はへり方がゆっくりとなるんです。こっからが長いんですよ。最初は急速に下がりますが、もうこの段階は逆にへり方がゆっくりだから、崩壊熱は長く続く。人は生身、被曝線量とのからみで働ける人が一体どこまで残るのか、どこまで続くのか、兵站がこちらからは見えにくくさらになります。そういうことから考えて危険は去っていないし、やはりその方向に進んでいる状態だと゜私は思います。どこまでも、続いていますよ。

コメントは受け付けていません。