4月11日夕の地震による注水中断 小出裕章

ジャーナリストの木下黄太氏のブログ(ジャーナリスト木下黄太のブログ「福島第一原発を考えます」)にて、2011年4月11日(月)の17時15分頃に福島県を震源に発生した地震の福島原発への影響について、小出裕章氏のコメントが速報として紹介されています。

速報「きょうの地震で福島第一原発の危険について小出先生の見解」
(2011-04-11 17:58:18)

以下、転載させていただきます。

ーーーーー
京都大学の小出先生の話です。

1号機から3号機に電源がつながらず、水が注水できていないということですよね。水を入れなければ、炉心は溶けますから、とにかく、水をいれるしかない。なんとも状況がよくわからないが、現況でもかなり発熱をしている。すでに一ヶ月たっても発熱量は一定以上なんです。僕の類推では一号機でも三千キロワット、二号機から三号機も四千五百キロワットは少なくとも発熱が続いている状態です。冷やせないと、炉心の状態が、なんとも困った状態になるだろうと思います。一日何もできないと、炉心が本当に溶けきります。つまり、水蒸気爆発による破局、木下さんも私も最も恐れていた事態になる可能性が出てきます。大変な状態になりかねません。とにかく、一刻も早く水をいれてください。真水でも海水でもかまわない。とにかく、冷やすしかない。さらにもっと溶ければ破局に向かいます。何時間で大丈夫とはいえくません。一日近く、放置されれば大変なことになります。大変緊張する状況です。
ーーーーー

なお、その後、同日18時前に外部電源が復旧し注水が再開したことが発表されています。

コメントは停止中です。