4月19日 原子力なくても火力と水力でまかなえる

女性セブンの2011年4月28日号に、小出裕章氏のコメントが入った記事が掲載されているようです。

「原子力なくても火力と水力でまかなえる」と京大研究者提言
(2011.04.19 07:00)

全く同じものかどうかは分かりませんが、オンラインサイトの記事の内容を転載させていただきます。

ーーーーー
 いまや日本の全発電量の26%を占めるまでになった原子力発電だが、福島原発事故を機に、「原発はないほうがいいのでは」との声も上がる。だが、いまさら生活は変えられるのか?

「原子力がなくても、現在の火力と水力だけで充分にまかなえます」というのは、京都大学原子炉実験所助教・小出裕章氏だ。

「日本では、使われていない火力の発電所が相当数あるんです。そういった発電所を稼働させれば、原発を全部止めて、廃炉にしても問題ない」。東海地震の予想震源域にある浜岡原発をはじめ、即刻すべて止めるべきと、小出氏はいう。

 世界にはすでに“脱原発”に踏み切った国が存在する。イタリアだ。1986年のチェルノブイリ原発事故を受け、イタリアは1987年に国民投票を実施。当時稼働していた4か所の原発を順次閉鎖することを決定した。現在も続いている解体作業は2019年までには終える予定だという。

 しかし代償として、エネルギー需要の80%以上をフランスなどからの輸入に依存せざるをえない状態になっている。最近は安定しない電力供給に、再び原発を持とうという議論があがっている。

※女性セブン2011年4月28日号
ーーーーー

コメントは停止中です。