4月27日 4号機核燃料プール損傷の影響 小出裕章

4号機の使用済み核燃料プールから水が漏れている可能性を東電が4月26日に発表したこと、及び水棺化作業が進行していることに関連し、ジャーナリスト木下黄太氏が小出裕章氏に取材した内容が公開されています。

チェルノブイリから二十五年、日本政府は教訓をくみ取る気があるのか
(2011-04-27 04:08:49)

小出先生の部分のみ転載させていただきます。全文は上記記事をご覧ください。

ーーーーー
さてさて、格納容器に水を入れると言う水棺作戦について、小出先生にも話を聞きました。小出先生は「水棺にできればいいのですが、そもそも格納容器がまず、あの水の重さに持つのかどうかということを考えると、難しいのではないかと言う気がします。もちろん容器の健全さが本当に保たれているのかどうかは、私にはわかりません。そもそも格納容器は水を入れないものですから、想定外のことをおこっています。仮に水が入ったとしても、その先どうなるのかはよく見えません。だから、この方法がうまくいくかどうかは確信は無いと思いますよ。他の号機は無理ですしね」とも。
ーーーーー

ーーーーー
この他に、元々あった情報がさらに追加されてきている四号機の核燃料プール情報です。もれているという話も報じられていますが、さらにそこが抜ける可能性もいわれ始めています。核燃料プールが底抜けで崩壊した場合についても小出先生に聞いてみました。「木下さんにも、前に言いましたが、そもそも四号機のプールが危ないのは僕らも思っていますが、たぶん水蒸気爆発は、僕はすぐにはおきないと思いますよ。プールにつかっていたものが落ちていくので、それから溶け始めて、さらに下まで落ちて水があって反応する形にならないと。だけど、むき出しになると冷やすのも難しいし、反応も進み、線量も出るから致し方ない状況になると僕は思いますよ。」とおっしゃいます。
ーーーーー

現在コメントは受け付けていません。