5月6日 水棺は失敗するだろう 小出裕章

ウェブサイト『現代ビジネス』の記事で小出裕章氏のコメントがとりあげられています。

[経済の死角]2011.05.06 週刊現代
「レベル7」ニッポンの選択 これでも原発ですか
40人の原子力専門家が明かす「フクシマの真実」

小出氏のコメント部分のみ転載させていただきます。全体は上記ページにてご覧ください。

ーーーーー

京都大学原子炉実験所助教の小出裕章氏は、原子炉格納容器を水で満たして、圧力容器ごと燃料棒を水没させる「水棺」という方法は失敗するだろうと話す。

「2号機だけでなく、1号機と3号機も格納容器が壊れていますから、水を入れても漏れてしまいます」

ーーーーー

「水蒸気爆発を起こすと大変です。冷却に失敗して大量の燃料ペレットが溶けると、炉心部から下に落ちる。これがいわゆるメルトダウンです。このとき圧力容器の底に水があると水蒸気爆発が起きる可能性があります。少なくともこれが『起きない』と断言はできません。どのくらいの規模の爆発になるかわかりませんが、圧力容器を破壊する程度のものになるかもしれません。そうなれば外側にある格納容器も壊れ、建屋も吹き飛ぶでしょう。

 もしこの最悪のシナリオが現実になると、いままで出てきた放射性物質の量とは桁違いの量のそれが外へ出ることになりますから、大きな被害となります」(京都大学・小出氏)

ーーーーー

京都大学の小出氏も人体への影響があるという立場だ。

「枝野さんは『ただちに影響はない』という言葉を繰り返しているわけですが、その意味は『急性障害がない』ということなんです。でも、それを言い換えれば『晩発性の障害はある』ということ。人体への影響は必ずあると私は思います。それは長い年月のなかで、だんだんじわじわと出てくることになるでしょう」

ーーーーー

現在コメントは受け付けていません。