5月12日 100%損傷以外考えられない 小出裕章

2011年5月12日(木)、産経ニュースの報道で小出裕章氏の見解が示されています。

核燃料露出溶解 工程表達成に「黄信号」(2011.5.12 20:30)

以下、転載させていただきます。(小出先生部分は太字)

ーーーーー
 12日、東京電力福島第1原発1号機で、原子炉圧力容器内の核燃料棒が完全に露出したことが判明し、圧力容器損傷の可能性も浮上した。原子炉を安定冷却するため、圧力容器を覆う格納容器ごと水で満たす作業が進められているが、見直しは避けられない。専門家からは「圧力容器に穴が開いているなら、もう打つ手がない」と危惧する声も上がり、事故の収束に向けた工程表の達成に「黄信号」がともった。(原子力取材班)

炉心溶融?

 「溶けた燃料が下に落ち、圧力容器の下部を損傷させている可能性もある」。東電の松本純一原子力・立地本部長代理は12日の会見で、初めて「炉心溶融」の可能性に言及した。

 東電はこれまで、1号機の核燃料について、約55%が損傷していると推定。一貫して「燃料が溶けて下に落ちていることはない」とし、本来の形状を維持していると説明してきた。

 ところが、今回調整した水位計で圧力容器内の水位を測定した結果、燃料の大半が露出している状態だったことが判明。

 これまでは、燃料の露出は一部とされてきただけに、京大原子炉実験所の小出裕章助教(原子核工学)は「東電が発表したデータはもう信頼性がない」と手厳しい。

 米スリーマイルアイランド原発事故(1979年)では燃料の約45%が溶け、その約3分の1が底に落ちたが、小出助教は「今回の発表をみると、100%の損傷以外考えられない」と厳しい見方を示している。

微粒子化?

 核燃料の大半は溶融して圧力容器の下部に落ちたとみられるが、下部にたまった水に漬かることで、冷却ができているとされる。実際、圧力容器下部の表面温度は100~120度と比較的低い。

 宮崎慶次大阪大名誉教授(原子力工学)は「圧力容器の底の水に、溶けた燃料が落ちて微粒子化しているのではないか」とみる。

 核燃料が冷却できていない場合、水素が発生して爆発の懸念も生じるが、宮崎名誉教授は「温度が低いのでそういう状況ではない」と、再爆発の可能性を否定している。

どこから?

 原子炉冷却に使われた大量の水が、放射能を含んだまま環境に漏出した恐れが懸念されている。

 圧力容器には、注水は毎時8トンペースで続けられているが、水位は上がっておらず、九州大の工藤和彦特任教授(原子炉工学)は「冷却水の行き先が分からない。漏洩(ろうえい)があるとしか考えられない」と指摘。

 溶け落ちた燃料は圧力容器底にある制御棒駆動装置や溶接部を貫通し、そこから水が漏出している可能性が高いとみられ、工藤特任教授は「できるだけ早く損傷部を突き止める必要がある」とする。

 東電が工程表実現への「一番の近道」としていた冠水(水棺)作業が最初に着手された1号機だが、専門家は「工程表通りに、冷温停止に持って行くのは難しい」と口をそろえる。工程表は第一関門からつまずき、先行きに不透明感が漂い始めた。
ーーーーー

コメントは受け付けていません。