5月13日 原発「安全神話」溶融 小出裕章

2011年5月13日(金)夜、小出裕章氏がメインとなるイベント『原発「安全神話」溶融』が、大阪の第七藝術劇場で開かれました。

7get-spirito 第23回 原発「安全神話」溶融

予定をオーバーして約2時間に渡って行われた第二部の模様は、ニコニコ生放送にてライブ中継されました(こちら)。このネット中継には約5万人の来場者があったようです。

案内

【第1部】18:40〜19:30
「なぜ警告を続けるのか 〜京大原子炉実験所・異端の研究者たち」上映

【第2部】ティーチイン(19:40〜21:00)
 未曾有の大地震とそれに伴う大津波が数多の尊い生命と財産を奪い、福島県の原子力発電所が深刻な事態に陥りました。4月5日現在、政府も東電も決定的に有効な対策を講ずることができず、危機は拡大する一方。それでも、長年にわたって「安全神話」をふりまき、原発推進をリード、後押ししてきた、企業、政治家、学者、ジャーナリスト、文化人、タレントらは、「想定外の地震、津波だったのだから仕方ない」と、反省も自己批判もなく厚顔無恥ぶりを世間に晒しています。
 そんな中、小出裕章氏は一貫して「警告」を発し続けてきた本物の研究者です。今回の事故後も、御用学者がテレビに出てきて「大丈夫、心配ない」と無責任極まりない「解説」をする中、小出氏は事故直後から、今に至る破滅的な展開を科学的に見通し、警告を発していました。その小出氏から、現在進行形で危機が拡大している福島第一原発の問題はもちろんのこと、「原発」の過去、現在、未来について、わかりやすく語っていただきます。


動画

早速録画を公開してくださっている方がいます。ありがとうございます。

1-8 原発「安全神話」溶融 小出裕章先生

2-8 原発「安全神話」溶融 小出裕章先生

3-8 原発「安全神話」溶融 小出裕章先生

4-8 原発「安全神話」溶融 小出裕章先生

5-8 原発「安全神話」溶融 小出裕章先生

6-8 原発「安全神話」溶融 小出裕章先生

7-8 原発「安全神話」溶融 小出裕章先生

8-8 原発「安全神話」溶融 小出裕章先生

文字おこし

5/13原発「安全神話」溶融 小出裕章先生(内容書き出し)

報道

原子力の選択は「生き方の選択」 大阪でシンポ (神戸新聞 2011.5.28)

コメントは停止中です。