5月28日 周防大島での講演会 小出裕章

2011年5月28日(土)、山口県の周防大島で小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)の講演会が開かれました。台風に伴う荒天にもかかわらず、会場が満員となったということです。

録画

★小出裕章氏講演 (1) 於山口県周防大島町 2011年5月28日

★小出裕章氏講演 (2) 於山口県周防大島町 2011年5月28日

★小出裕章氏講演 (3) 於山口県周防大島町 2011年5月28日

★小出裕章氏講演 (4) 於山口県周防大島町 2011年5月28日

★小出裕章氏講演 (5) 質疑応答 於周防大島町 2011年5月28日

★小出裕章氏講演 (6) 質疑応答番外編 於周防大島町 ’11年5月28日

講演レポート

写真を含むリアルな報告です。お知らせいただきありがとうございます。

行ってきました周防大島!(小出先生写真館?)

講演資料他

小出裕章 「原子力の恩恵とリスク」周防大島について考える有志一同による講演会 5月28日

報道(転載)

(1) 周防大島で反原発講演会「火力と水力で十分」 (asahi.com 2011年5月30日)

=====
 山口県周防大島町で28日、原発に反対する研究者の講演会が開かれた。会場となった橘総合センターは、上関原発予定地から30キロ圏内に入る。約400人が詰めかけ、耳を傾けた。

 京大原子炉実験所の小出裕章助教を地元有志が招いた。小出さんは福島第一原発の事故の様子をスクリーンに映し、「原発が事故になればとてつもないことになると分かっていたから、東京電力は原発を管外に造った」と指摘。「原発を全部止めても火力と水力で十分足りる」として、周南市議会が上関原発中止を求める意見書を出すことを評価し、「原発は即刻なくなるべきものだ」と訴えた。

 会場の女性が「火力発電を増やせば二酸化炭素(CO2)が増え、温暖化が進むのでは」と質問したのに対し、小出さんは「石油を燃やせばCO2ができるが、ウランを燃やせば猛毒の『死の灰』ができる。無毒化する技術はなく、100万年先まで保管する必要がある。それに目をつぶってCO2を悪く言うのは違う」と答えた。

 同町久賀の主婦(64)は「目からウロコだった。一人ひとりに伝えて上関原発は絶対阻止しないと」。主催した浜本康裕さん(28)は「たくさん来てくれてびっくり。原発について考えるきっかけになれば」と話した。(渡辺純子)
=====

(2) 支局長評論:周南 大島の不安 /山口 (毎日新聞 2011年6月6日 地方版)

=====
 「1930年当時、あと何年で石油がなくなると考えられていたと思いますか」。小出裕章・京大原子炉実験所助教(61)からの問いかけで講演(周防大島町で5月28日)は始まりました。

 答えは「18年」です。小出さんは公開されているデータを元に説明を続けます。予想通りなら石油が一滴もないはずの50年には「20年」。今は「50年」と言われており、小出さんは「石油がすぐなくなるから原子力が必要というのは、いんちきだった」と強調します。

 電力の約30%を原発が供給しています。しかし、火力や水力、大企業の自家発電など全ての発電能力からみると、原子力は18%に過ぎず、他の発電をフル稼働すれば「原子力を即刻止めても困らない」と言い切ります。

 会場の女性から、火力発電に頼れば、二酸化炭素を増やし温暖化が進むのではないか、という趣旨の質問が出ました。

 小出さんは「化石燃料を燃やせば二酸化炭素が出ますが、原発を燃やしてできるのは猛烈な毒物の死の灰です。標準的な100万キロワットの原発は、1年間で広島原爆の1000発分の死の灰を生み出しています。想像できますか」。かつて原子力に未来を夢見てその世界に飛び込んだ小出さんは続けます。「私たちはウランを核分裂させて死の灰を作っても、死の灰を無毒化する力はないのです。どうしていいかわからない。100万年間毒物であり続けるのです」

 周防大島は大半が上関原発予定地から30キロ圏内にあり、町議会で「認められない」との意見書が採択される見通しです。

 講演会は、09年7月に千葉県から父の故郷の周防大島に移り住んで就農した浜本康裕さん(28)が企画しました。雨の中、島内外からほぼ満席の約410人が来場しました。「安全神話」が崩壊した今、「絶対安全」に説得力はなく、国政も頼りになりません。

 会場は真剣でした。<周南・大澤重人>
=====

講演案内(転載)

よくわかってない、原発のこと。
賛成、反対はひとまず置いて、
まずは、ちょっと勉強してみよう。

上関原発予定地から30キロ圏内に住む私たちのこれからのお話をしてみませんか?
原子力の恩恵とリスクを、原子力の専門家から学ぶ

小出裕章氏講演会
2011年5月28日(土)
講演14:00~16:00(開場13:30)
会場 橘総合センター・ホール
大島郡周防大島町大字西安下庄445-2
定員300名 (参加費無料)
主催:周防大島について考える有志一同

参加された方々の声

twitterに、参加された方たちのツイートがありましたので、転載させていただきます。

=====
adachirikiya 足立 力也
小出裕章講演会in周防大島なう。冒頭に曰く「原子力に恩恵などない!」

小出語録「ウランの可採年数は石油より小さい。こんなものが未来のエネルギーになるわけがない」

小出語録「人を被曝させるのはまっぴらごめん。しかし強制移住によって生活を破壊するのもまっぴらごめん。どちらも選択しないためには、原子力をやめるしかない」

小出語録「電力会社も労働組合も本当に腐ってる!」

小出語録「二酸化炭素が怖いなら原発なんかやめなきゃいけない」

小出語録「3/15くらいに東京にもものすごい量の放射性物質が降った。多いのはセシウム137。汚染度からいうとギリギリか」

=====
nahchah キャメロンNatsumeディアス
山口周防大島での小出さんの講演が終わった。淡々と原発が必要のないエネルギーだということを資料と共に語り見せ付けてくれた。そんな小出さんが、いまの福島の現状を質問されて、悪夢をみているようだと・・言葉を詰まらせながら伝えてくれた。涙が溢れた。

=====
Hero_Yesman 井上 ひろやす
自身の中に、定義、哲学は必要だ。…この国の未来の為、子供逹の為に原発はいらんな。実行委員の皆様、お疲れ様でした。小出氏の講演終わり。大変、有意義でした。ありがとう。

=====
yudukinikogare 夕月
山口県(小出裕章さん講演会)満員御礼! 凄く様々な地域から、沢山の方々があしを運んでくださいました。原子力に対する意識が変わり始めたね! yfrog.com/h4ycwxsj

=====
takamakostopper いわくにストッパー
小出裕章先生、笑顔です。(^o^) http://p.twipple.jp/qAKtu

今日の小出裕章先生の講演会、ボクみたいな素人でもよく理解出来た。政府、行政、電力会社は真実を公開すべきだ。原発推進を唱える偉い人達はエネルギーが足りないという根拠を示してもらいながら小出先生と国民の前でTV討論会をしてもらえたらと思う。そして国民投票で賛否を問うのはどうだろう?

=====
noricolita Nolita Rico
小出裕章さんと握手をした。 彼の行動の根本に「愛」を感じたからです。 あ た た か な お お き な 手  つ よ く な っ た 私

=====
eitomoro 英智郎
今日、周防大島であった小出さんの講演会に行ってきた。論旨明快、はっきりしている。福島でこういう事態が進行しているにも拘らず、今もって原発を推進しようという輩がいる。信じられない。子供には「嘘をつくな、間違っていたらすぐに謝罪しろ」と言ってきたという人がいる。大人だって一緒だぞ。

=====

コメントは停止中です。