6月16日 メルトスルーより深刻な状態 小出裕章 (TV朝日)

2011年6月16日(木)、テレビ朝日のモーニングバードの「そもそも総研」コーナー(玉川徹レポーター)に小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)がVTR出演されました。コメント欄でお知らせいただきました。

録画

原発震災:小出裕章:原子炉の現状/残された対応策/故郷…

コーナーの内容

そもそも総研 たまペディア
原発震災 今の状況どうなってるの!?

今回は「そもそも原発震災は簡単に収束するものなのかどうかわからない」というテーマで取材。メルトダウン状態を超えてメルトスルーの状態になっている原発がどうなっているのかについて専門家へ危機に行った。

政府が認めているメルトスルーの状態でとどまっていないのではないかと専門家は指摘。最近になって原子炉の炉心の水が無くなっている可能性が出てきており、冷やすことが出来なくっていると専門家は見解を述べた。

報道(一部転載)

(1) 福島原発「メルトスルー」どころじゃない!建屋突き破って地下めり込み
(J-CAST 2011/6/16 12:37)

=====
福島第一原発の核燃料はいま、いったいどういう状態なのか。東電・政府によれば、溶けて圧力容器の底に落ちて、つきぬけて格納容器に落ち(メルトスルーし)ていて、でも「チャイナ・シンドローム」のように、大量の燃料がどんどん落ちた(ている)のではない――という。
しかし、彼らの炉心についての分析はこれまでも悪い方に外れ続けており、信用がない。番組によれば、「状況はメルトスルーより、さらに悪い」と見る研究者もいる。どちらが正しいのか、では原子炉をのぞいて正解を見てみましょう――とはいかないのが、国民的にじつにもどかしいところだ。

地下水と接触して汚染水流出懸念
「東電・政府の(収束)ロードマップなんて言ってる状態ではまったくない」と、番組のインタビューで主張するのは、小出裕章・京都大学原子炉実験所助教。
小出氏によれば、溶けた燃料は、圧力容器の下の格納容器でもとまらず、炉建屋地下のぶ厚いコンクリートの構造物に、どんどん溶けながらめり込んでいるという。したがって、もはや水をかけようが循環冷却をしようが、「炉心を冷やすことは不可能」だという。
さらには、燃料がコンクリートをも突き破り、地下水と接触して、(超高濃度の?)汚染水が海に流れ出すことが懸念されるという。

=====

(2) 「溶融燃料が容器つき抜けどんどん地下へ」 福島原発「チャイナシンドローム」説の真贋


視聴した方の声

ツイッターより転載させていただきます。

=====
butterfly2013 Chiho Sudo
モーニングバード急いで見ました。小出先生の誠実な言葉は真実で、心からの思いが込められていて泣けてくる。専門家:「福島は原発事故前の東京の年間1msvに戻るには今後100年以上かかる」司会のアナウンサー:「原発の事故が起きたら私たちは故郷を失うということ」

=====
meimama1031 めいママ1031
◆テレビ朝日「モーニング・バード」木曜日『そもそも総研』。京都大学原子炉実験所小出裕章先生もVTR出演。番組内ではっきり言及した。「福島が多分20mSvに戻るのに数十年、1mSvに戻るには100年以上かかる」「故郷にはもう戻れない、あるいは被曝を覚悟で戻るのか、どちらも悲劇。」

=====
prspctv perspective
テレ朝モーニングバード「そもそも総研」。小出裕章氏、小澤祥司氏に取材。現在の警戒・避難区域はチェルノブイリ強制避難区域に相当。セシウム137が事故前濃度に戻るのは百年後。「故郷を捨てるか、汚染されながら住み続けるか」の悲劇的選択。玉川徹「事故を過小評価しても希望には繋がらない」

=====
kokinouchi Ko Kinouchi
テレ朝モーニングバード 「福島県内の線量の高い地域が事故前の放射線レベルに戻るには100年以上かかる可能性」「帰れるとしても数十年以上先、チェルノブイリでもまだ戻れていない」「驚く人も多いと思うが事実として受け止める必要がある」 取材は京大出身の玉川D

=====
shuut48 Shuu Tsuchita
テレ朝「ニュースバード」の玉川コーナー、福島原発の今後について民放で初めて衝撃的なリポート。1.ウラン燃料は建屋下のコンクリートを沈降中ではないか(by小出裕章氏)。2.汚染地域に戻って健康な生活をするには100年かかるかも。グッジョブ #tvasahi

=====

小出先生の過去のモーニングバード出演

6月2日 京大だから残れた 小出裕章 (テレ朝)
5月12日 原子力の本当のコスト (テレ朝) 小出裕章

現在コメントは受け付けていません。