6月17日 汚染除去装置が動いても課題は残る 小出裕章

2011年6月17日のテレビ朝日「報道ステーション」に小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)がVTR出演されました。

録画

汚染水処理システムについて:小出裕章

(小出先生登場は開始後2分48秒あたりから)


小出先生の説明部分(上記Youtubeページより転載)

=====
要するに水(汚染水)の中からゼオライトあるいは別の
化学物質の方にくっ付けるということだけなのであって
それ(放射性物質)は全部残ってしまうのですね
大変濃縮されたかたちで残ってしまいますので
それを一体どこに保管できるのかという課題もありますので
(除去装置が)仮にまともに動いたとしても
まだまだ大変だろうと思います
=====

現在コメントは受け付けていません。