6月23日「(本が売れているのは)嬉しくない。売れているのは、福島原発の事故が起きてしまったから」小出裕章(朝ズバッ)

6月23日TBS朝ズバッに、小出裕章氏がVTR出演されました。コメント欄にてしんちゃんさまより内容を教えていただきました。

動画

内容

*「原発のウソ」17万部のベストセラー。人気の理由

(書店員):これまで原発関連の本を買う人はビジネスマン等の男性が多かったが、この本を買う人はこれまでの読者層とは違う。お子さんをお持ちの女性の方が、切実に自分の問題として考え、少しでも正しい知識を身につけたいという思いから買っている。

(母親): 放射能について知識がなかったのですが、なるべく厳しいシビアな意見を聞いて、最大限の努力を払いたいと思います。

*小出氏インタビュー箇所

「(本が売れていることは)嬉しくないです。売れているというのは、福島原発の事故が起きてしまったから。」

「都会の人達が電気が欲しいと言って都会に原発を建てるというなら、まだ受け入れる余地はあったと思います。自分達が欲しい電気をおこすために危険は他の所に押しつけることは、私にとってはもう論外でした。」

「日本人に原子力というものはどういうものか、気がついてほしいということですね。一度手を染めてしまえば、100万年にもわたって毒性が続く。自分では始末のできないゴミを生み出すという、そういうものです。」

「私は原子力にずっと反対してきた人間です。何でそんなことをしてきたかと言えば、もっと農業でも漁業でも大切にして、自然に寄り添うように生きたいと思うし、そのように社会を変えたいと思うのですね。」

=====
昨日の種まきジャーナルは、小出裕章氏やお休みでした。

現在コメントは受け付けていません。