7月20日 汚染食品の流通に反対しない真意 小出裕章(吉田照美ソコダイジナトコ)

2011年7月20日、文化放送「吉田照美ソコダイジナトコ」に小出裕章氏が出演されました。コメント欄にてかふうさまより教えていただきました。

番組案内

7月20日(水)
・てるてるデリバリー:上杉隆(ジャーナリスト)
・コメンテーター:上杉隆
・7時の情報デリバリー:おは天純子の季節散歩!
・週刊エンター:節電ライフを満喫する
          ~省エネ芸人、グリーンランド・杉木大樹さん~

動画

Voice_(110720)

=====

吉田「京都大学原子炉実験所の小出裕章先生にまたお話を伺おうと思います。えー小出先生おはようございます。」

小出「おはようございます」

吉田「今日も宜しくお願いいたします」

小出「こちらこそよろしくお願いします」

吉田「あの原発事故収束に向けてですね、工程表が示されてから3ヶ月なんですが。ステップ1は放射性物質の放出量が事故直後に比べて200万分の1に減少したことなどから、まあ達成できたと、評価されていますけれども。そもそもその工程表自体がメルトダウンを認める前に作られていたものだと思うんですけども。これあの、誰でも普通にこれ見てですね、政府の発表鵜呑みに出来ないと思うんですけれども。そのあたりまず小出先生からお話しいただきたんですが」

小出「おっしゃるとおりです。それにそれ以上言葉を繋ぐ必要がないと思います」

吉田「ないですか。ああー、現在伺いたいのは1号機から4号機、それぞれどういう状態にこれあるんですか?」

小出「要するにわからないのです」

吉田「やっぱわかんないんだ、これは」

小出「はい。あの、原子炉の中にどれだけあの水が入っているかという、そのこと自身がわからないという状態です。皆さんなかなか想像しにくいかもしれませんが、火力発電所が例えば、地震や津波で壊れたといえばですね、壊れた現場に行ってゆっくり時間をかけて修理をすればいいんですね。しかし原子力発電所の場合は放射能で汚れてしまいますので、修理に行くことすら出来ないと。原子炉の中の、水がどこまであるかというのは、原子炉水位計という計器で計っているのですが、その計器の調整に行くことすら出来ないという、そういう困難な現場なのですね。」

吉田「現場でも要するにわかんないわけですね、じゃあ」

小出「はい。1号機に関してはかろうじて原子炉建屋の中に作業員が突入して計器を直してみたら水がなかった。やっぱりメルトダウンだということになったわけですが。2号機と3号機に関してはいまだに原子炉建屋の中に人が入ることすらできないというそういう困難な状況です」

吉田「それを本来発表すべきなんですね、そのこともね」

小出「そうです」

吉田「はあー。そういう中でセシウムに汚染された肉牛の問題なんですけども、これがまた消費者に不安をまた与えているんですが。やっぱこれは、我々は放射性物質による被曝とやっぱり付き合っていくしかないっていう時代として諦めるしかないわけですかこれは。」

小出「私はそう思います。3月11日を境にして世界は変わってしまいました。」

吉田「ああーー……」

小出「どんな食べ物も福島から放出された放射能で汚れてしまっている、わけです。ですからその汚染した食べ物をどのように分配するのか、という選択しか残されていません。」

吉田「あの、小出先生は伺うところによると、その福島県産の肉牛が流通すること自体は反対をされていないというふうに伺ってるんですが。それでその真意っていうのはどの辺にあるわけですかね」

小出「ええっと。今、日本の国がやろうとしていることは、基準を決めて基準を超えたものは危険だから出荷停止にすると。基準を下回っていれば安全だとして流通させてしまうというそういう姿勢なんですね。」

吉田「はい」

小出「私はそれにまず反対、なのです。基準を超えればもちろん危険ですけれども、危険を下回っていたとしても、危険なの、です。放射能に被曝をするということは微量であっても危険ですので、汚染の少ないものから汚染の高いものまでいろんなものが出てくるわけですけれども。それをきちっと表示してそれなりに流通させて一次産業を守るということが私は必要だと思います。」

吉田「はあはあ。はあはあなるほどね。数値をハッキリ明示しろと」

小出「そうです。」

吉田「いうことが大切だと」

小出「はい。」

吉田「これあの全頭検査してやっぱそういうあたりってのは、牛に関してもそうですけど、他の色んな流通してるものに関しても、全部やっぱりその数値ってものを明示して欲しいと僕なんか思うんですけど」

小出「はい」

吉田「これはやってそんな難しいことじゃないんですよね。作業的には」

小出「すべての食品をやろうとすると大変ではあろうと思いますが、それこそ東京電量がやるべき責任がある立場と私は思っています。」

吉田「そうですよねえ。これをなんで国がそこら辺を強く出れないんですかねえ」

小出「国と東京電力は、ようするに犯罪者なのです。」

吉田「そうですよねえ」

小出「はい。その2人の犯罪者が自分たちの犯罪をなるべく軽く見せたいとしてマスコミを使っているわけですから」

吉田「そういう作業をマスコミと共にやってるというのが今の現状なんですね」

小出「そうです。」

吉田「はあー、上杉さんどう思う」

上杉「おはようございます。ジャーナリストの上杉です」

小出「あ、おはようございます」

上杉「今もちらっとおっしゃったんですが、その2つの犯罪者とほかに、メディアのほうもその犯罪にどうも加担してんじゃないかと私自身ずっと思ってたんですが」

小出「私もそう思います」

上杉「特に今回ですね、この放射性物質が出ていて、しかも牛だけにどうもここ最近、牛だけしかも福島県産だけに、放射性の物質が付着してそれが食べれる値を超えてると、いうような報道になってるんですが、実際は決してそんなことはないと思うんですが、小出先生からご覧になってどうでしょうか」

小出「もちろんです。牛だけが汚れるなんてことはあろうはずがなくて、えー、あらゆる食べ物が汚れてしまっている。」

上杉「あの小出さんが4月の段階でだと思うんですけれども、あの、放射性の物質が。放射能がですね、格納容器含めて、えー外部放出が出ていると。でそれは決して止まっていないとおっしゃっていましたが、その状況が改善されないままステップワンが今回ですね、達成されたと。ステップ1を読み込んでいくとその外部放出が止まるということが条件になっていたのですが。もうここがいつの間に達成されたのかなというのが疑問にあるんですが。それはどうなんですかね」」

小出「えーっと。大気中への大量の放射能の放出というのは3月のうちにほぼ収まっていると私も思います。逆に今汚染水というのが敷地の中に11万トンを超えて溜まっているものがあって、それを循環式にしたと言っていますけれども、循環というのはただ回しているだけで減る道理がないのですが。どんどん今減ってるといってるのは海に流れていってるということなんですね。だからそれを速く何とかしなければいけないのですけれども。それに関してもなんにもしないまま手をこまねいているという状況なのです」

吉田「これこんなに遅い判断で大丈夫なんですか?」

小出「大丈夫ではありません」

吉田「そうですよね。」

上杉「あの、ストロンチウムの被害についてもかなり早い段階から小出先生がおっしゃってましたけど。ますます今回ですね。汚染水が出てるということでその心配が増しますし、あと台風が近づいていて、当初言われているような形で台風が福島の近くに行った場合、よりそういう意味での被害が大きくなるんではないかと。いうふうに言われていますが、このあたりはどうですか?」

小出「おっしゃるとおりです。これから敷地に雨が振るようになったら、汚染水がまたあふれるということになると思います」

上杉「その辺の対策ってのは政府はきちんと、対策というか警告も含めて、えーどうも発表してないんですが」

小出「はい。」

上杉「えーこれはまあ、なぜかと聞いてもしかたがないんですが、えー、むしろその防護策というか個人個人ができる対策というものはどういうものがあるんでしょうか」

小出「えー、個人個人とおっしゃったのは国民一人一人という意味」

上杉「そうです。食べ物、口にするものですね。」

小出「わたしはその、汚染した、食物が汚染するのは避けられないし、それを流通させるべきだというふうに言ってる人間で。流通させた上で実は肝心なことがあるわけで。子どもには汚染したものを与えない。原子力を許してきた大人がそれを食べるということを私は主張して、います。ですからまず、一番大切なことはどの食べ物がどれだけ汚れているということを、きちっと東京電力に計って知らさせるということが必要ですし、それを受けて大人たちがちゃんと子供たちを守るということをやることが必要だと思います。」

吉田「わかりました。それであと小出先生、最後にちょっと、ツイッターの情報なんですけど。サイゾーという情報誌からなんですが。7月13日に海江田経済産業大臣から小出先生に直接電話があったというのは本当なんですか?」

小出「(笑)。早いですね。えーっと、元木さんがきていてなさったときにちょうど電話がかかってきまして、もちろん海江田大臣直接ではなくて秘書のかたから電話がありました。」

吉田「はあー。これはどんな御用だったんですか」

小出「えーっと、私のなにか話を聞いてくださるということでしたけれども、私はそういう余裕がないということでお断りしました」

吉田「わかりました! ありがとうございました。またよろしくお願い致します」

小出「こちらこそ」

吉田「ありがとうございました、朝早く。京都大学原子炉実験所の小出裕章先生でございました」

コメントは停止中です。