9月20日 5市町村の緊急時避難準備区域の解除への批判 小出裕章(MBS)

記事掲載のスタイルを変更を試みています
「この投稿の続きを読む »」から続きをお読みください。

2011年9月20日(木)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

番組内容

2011年9月20日【火】
台風15号の影響は・・・
台風15号は、あす紀伊半島に上陸する恐れもあります。きょう名古屋では100万人以上に避難勧告が出されていました。淡路島など兵庫県でも被害がでています。また、気になるのが和歌山県の土砂ダム。近畿の影響を、上田アナが兵庫県から、河本アナが和歌山県から今の情況を中継でお伝えします。
京都大学の小出先生にはきょうの原発事故について聞きます。

録音
20110920 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

内容文字おこし
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65764973.html

放送内で言及したニュースは以下の通り

=====
福島第1原発:緊急時避難準備区域 9月中に指定解除へ

2011年9月20日 12時44分

 藤村修官房長官は20日午前の記者会見で、東京電力福島第1原発から半径20~30キロ圏内の「緊急時避難準備区域」に指定されている5市町村から政府の原子力災害対策本部に復旧計画が提出されたことを明かし、「(指定)解除の要件は整った」との認識を示した。政府は区域内の全市町村からの計画提出を待って9月中にも一括解除する方針を示しており、藤村長官は「対策本部が9月中を一つのめどとして結論を出す」と説明。月内に解除される公算が大きくなった。【小山由宇】

引用元:福島第1原発:緊急時避難準備区域 9月中に指定解除へ – 毎日jp(毎日新聞)
=====
管理人の感想)最後に小出氏がまた議論させてください、と発言したのが気になっています。誰との議論なんだろうかと。

コメントは受け付けていません。