9月29日 今、国と東電は、汚染の全体像を示さないという作戦に打って出ている小出裕章(MBS)

2011年9月29日(木)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

番組内容

2011年9月29日【木】
除染しても線量が下がらない!?
 今夜は、原発事故以来、福島市内などで地元住民とともに、放射線量の測定調査を続けている神戸大学大学院の山内知也教授に電話をつなぎ、現地の状況について伺います。
 特にこの9月に行った調査では、除染後も大きな効果が上がらず、場所によってはむしろ線量の上がったところがあったということです。
 政府が「除染すれば大丈夫」と繰り返す中、効果的な除染方法がいまだに見つからない住民の心境などについても、話を聞きます。
 また、京大の小出裕章さんには、番組に寄せられたリスナーからの質問などに応えてもらいます。

録音
http://youtu.be/dwtzMD2Suo0

内容文字おこし
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65766617.html

※今回は、リスナーの質問に答える形でした。ご紹介する報道はございません。

コメントは停止中です。