9月29日 小出裕章氏が九電プルサーマル公開討論会での”やらせ”について証言(報道ステーション)

2011年9月29日(木) テレビ朝日「報道ステーション」に小出裕章氏がVTR出演されました。内容は「2005年唐津市で行われた「プルサーマル公開討論会」(佐賀県主催)の検証 「やらせ」質問文の存在 原発行政”節目”の討論」です。コメント欄にてしんちゃんさまより教えていただきました。

録画

小出裕章氏発言箇所の文字おこしは以下のとおり。

====以下 小出氏インタビュー部分書き起こし=====
※6分15秒辺りから7分10秒辺りまで

(公開討論会のVTRを見て)「よく覚えていらっしゃいますか?」

小出「ええ、もちろん覚えていますけども、あまり白熱はしなかったですね。」

(ナレーション:小出助教は当時からやらせの存在を知っていた)

小出「推進派の人たちは利益共同体がまあ、あるわけで、原子力をやることによる、えーその中で打ち合わせをして出てきているんだろうなと私はずっと思っていました。原子力を進めるための、まあ原子力発電所の立地を進めるための、まあ何かこういうシンポジウム、ディスカッションがあれば、えー彼らはもちろん自分の方に優位になるように工作をするというのは当たり前のことだと思いますし、そうしないなんてことはあり得ないと私は始めから思っていました。」
===========================

コメントは停止中です。