12月7日 ベントが水素爆発の引き金になった可能性すらある 小出裕章(MBS)

2011年12月7日(木)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

美浜原発2号機手動停止、汚染水の海洋流出、東電社員が「地震によるベント配管破損の可能性」指摘したことについて言及しています。

番組内容

2011年12月 7日【水】
農政学者が見たチェルノブイリの現実
 今夜は、チェルノブイリ原発事故で被害を受けたベルラーシ共和国とウクライナ共和国を視察してきた福島大学(農業経済学)の小山良太准教授と電話をつなぎ、放射能被害の中で生活する人々の実態をうかがいます。
 小山准教授ら約30人は、福島県を代表して10月31日から11月7日の期間で、原発のあるウクライナと隣のベルラーシを訪れ、原子力災害のあった地域の放射線対策や健康管理、復興策などについて調査してきました。
 番組では、まさに同じ境遇にあるといってもよい、福島の人たちにとって、少しでも生活改善を導くことができる糸口は見つけたられたのか、小山准教授から話を聞きます。
 また、京大の小出裕章助教には、放射能による海洋汚染の問題などについて、意見をうかがいます。

録音
http://youtu.be/rQuqlxUsQzE

内容文字おこし
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65779405.html

コメントは停止中です。