12月16日 花粉の飛散時には私はマスクはすべきだと思います 小出裕章(MBS)

2011年12月14日(水)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

今回は質問に答えるという形式でした。環境省が東電社員を「除染活動推進員」に任命したこと、汚染瓦礫の「焼却煙」からセシウムをとる方法、崩壊後のセシウム137、セシウム134、ストロンチウム90がどうなるか、セシウムの花粉に移る割合10分の1程度の調査結果などについて小出裕章氏は言及しています。

番組内容

2011年12月15日【木】
俳優・山本太郎がみたチェルノブイリ
 SPウィーク、シリーズ「いま、言っておきたいこと」4日目。今夜は、脱原発運動の“旗手”ともいえる俳優の山本太郎さんに、MBSの東京支社スタジオに来ていただき、話を聞きます。
 山本さんは先月末から、チェルノブイリ事故の影響を受けた地域を描くドキュメンタリー映画撮影のためヨーロッパ入りしていて、昨日帰国したばかりです。
 現地では事故の影響を受けたベラルーシや、脱原発運動の盛んなドイツなどを見てきたということで、世界の原発問題の「今」に迫ります。
 番組では、そんな山本さんにうかがいたい質問をリスナーのみなさんから、募集しています。
 また、京大原子炉実験所の小出裕章先生のコーナーもあります。

録音
http://youtu.be/eU8N0Kw2YuQ

内容文字おこし
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65780700.html

現在コメントは受け付けていません。