12月26日 【事故調・中間報告】個人の責任を問わないで済むなんてことが私にとっては想像もできない 小出裕章

※文字おこしのリンクを張っていませんでした。修正いたしました。(2011年12月27日14:06)

2011年12月26日(月)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

同日に政府の事故調査・検証委員会が発表した中間報告について言及しています。畑村洋太郎委員長が個人の責任を取らない方針であることを批判しています。また3号機の注水中断について、小出さんは、高圧注水系の配管が破断したために作業員が注水をやめたのではないかという疑いを述べています。

番組内容

2011年12月26日【月】
野田首相の中国訪問 同行リポート
今夜は、野田首相の訪中に同行した東京報道の神崎記者が、
北京から電話リポートします。
訪中の成果はあったのか、北京の町の様子など、
テレビや新聞では伝えられていない「訪中こぼれ話」を報告します。
京大原子炉実験所の小出裕章さんには
きょう発表された政府の福島第一原発事故調査検証委員会の
中間報告について、お話いただきます。

録画
20111226 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章 – YouTube

番組内容文字おこし
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65782475.html

コメントは停止中です。