12月28日 大阪府ガレキ受け入れ問題「排気系統の<現場で>テストをしない限りやってはいけない」小出裕章(MBS)

2011年12月27日(火)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

大阪府のがれき受け入れに関する、基準値の発表をうけて、小出裕章氏がこれに言及しました。フィルターを取り付けた上で、現場で、排気系統のテストをしなければいけないというのが小出裕章氏の主張です。

番組内容

2011年12月28日【水】
本当のところ“年金”は大丈夫なのか?
民主党の調査会はきょう消費税を2013年に8%、15年に10%に引き上げる案を提示しました。「税と社会保障の一体化」の名のもとに消費税増税の話だけが進んでいく印象があるのではないでしょうか。それより先に社会保障の方はどうなっているのでしょうか?年金は本当に大丈夫なのでしょうか?100年安心プランを信じていいのでしょうか?今日は、年金御用学者ではありません。学習院大学教授の鈴木亘さんに話を聞きます。
また、大阪府はきょう被災地で発生したがれきの処理方針を発表しました。大阪でも被災地がれきの処理が現実味を帯びてきました。これをどのように捉えるのか、京都大学の小出先生に話を聞きます。

録画
20111228 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章 – YouTube

内容文字おこし
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65782793.html

現在コメントは受け付けていません。