12月22日 細野原発相「20mSv発がんリスク低い」に対して「被曝はどんなに少なくても危険だということは現在の学問の到達点」 小出裕章

2011年12月23日

2011年12月22日(木)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

汚染状況重点調査地域の問題点と、来年4月1日を目処に現在の警戒区域というのを解除、年間放射線量に応じて3つの区域に再編成し年間20ミリシーベルト未満の地域は早ければ来年の春に帰宅させることについて批判しています。

番組内容

2011年12月22日【木】
今夜は“放射能話”スペシャル
 今夜は、「国の放射能の除染に『効果はない』」と主張する「反骨の学者」、神戸大学教授の山内知也さんにスタジオに生出演していただきます。
 山内さんは、9月の<たね蒔き>に出演していただいた際にも、「高圧洗浄器の除染は役に立たない」と、知らなかった事実を指摘。リスナーともどもスタッフの私たちもびっくり仰天させられました。
 その山内さんが今夜、スタジオに登場し、同じく「反骨の学者」、京大の小出裕章さんと意見を交わしてくれます。
 果たして、「放射能の除染は可能か?」「今後どうすればよいのか?」、必聴の1時間です。

録音
20111222 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章 – YouTube

番組内容文字おこし
(1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65781879.html
(2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65781882.html


12月21日 廃炉工程表を批判「水棺ができなければ溶けた燃料をとり出せない」小出裕章(MBS)

2011年12月22日

2011年12月21日(木)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

廃炉工程表と大阪の震災瓦礫受け入れについて話されています。

番組内容

2011年12月21日【水】
教育基本条例案で大阪の教育は・・・?
今夜は、「百ます計算」で知られる
大阪府教育委員の陰山英男さんをスタジオにお招きし、
大阪維新の会の「教育基本条例案」についてお話を伺います。
陰山さんは橋下前知事に請われて教育委員に就任しましたが、
条例案にはさまざまな問題があると指摘します。
リスナーのみなさん、大阪の教育について言いたいこと、
陰山さんに聞きたいことなどをメール・FAXでお寄せください。
京大原子炉実験所の小出裕章さんには、
政府がきょう公表した福島第一原発の廃炉工程表や
被災地のがれき受け入れ・埋め立てについてお聞きします。

録音
20111221 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章 – YouTube

内容文字おこし
(1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65781622.html
(2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65781692.html


12月17日 小出裕章さんの北九州市での講演

2011年12月19日

2011年12月17日(土)、小出裕章氏が北九州市にて講演されました。

<公演情報>※この講演は終了しています。

場所:真鶴会館(北九州市小倉北区真鶴1-5-15)
時間:14:00~17:00
参加費:1000円
主催:原発の廃炉を求める北九州市民の会
問合せ:093-961-7618(稲月)、090-5389-3214(三上)までお気軽にどうぞ。

<録画>
※生中継の配信は電波状況が悪かったようですが、この録画ではちゃんと見られるそうです。

http://www.ustream.tv/embed/recorded/19223872


12月15日 上関の町長選挙、の結果については、私の感想は痛ましいということです小出裕章

2011年12月17日

2011年12月15日(木)、小出裕章氏が、TOKYO FM「クロノス」に出演されました。

上関原発の建設問題を抱える、上関原発の町長選挙の結果について考えを述べています。

<番組内容>

今週のクロノスは、
今年話題の人物に聞く
【Top Opinion 2011~心を整えるチカラ~】

今年ベストセラーになった「原発のウソ」著書で、京都大学 原子炉実験所 助教:小出裕章さんのロングインタビューをお送りします。
40年以上前から「反原発」を訴え続けてきた小出さんが、2011年の暮れに、今改めて何を思うのか。心の支えにしてきたものは?そして、2012年を迎える私達へのメッセージとは。この不確かな時代に、折れない自分を創るためのヒントを探ります。

<録音>
http://youtu.be/3vPwIUYBNeE

<内容文字おこし>
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65780848.html


12月12日 裁判官の世界も、国を困らせないような判決を出すことで出世していくシステムができている 小出裕章(現代ビジネス)

2011年12月16日

2011年12月12日、小出裕章氏のコメントが現代ビジネスに掲載されました

以下、小出裕章氏の発言のみ引用。

トンデモ裁判、呆れた論理 東電弁護団それを言っちゃあ、おしめえよ 「セシウムは誰のものでもない! だから除染の責任はない」だって | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

=====

「東電は、実に恥ずかしい会社だと思います。いくら法律上、そうした用語なり概念があるとは言え、誰が考えてもおかしい理屈です。

 もともと東電がウランを買ってきて所有し、それを核分裂させて生成されたのが、セシウムなどの放射性物質。れっきとした東電の所有物とみなすべきです。

 だいたい、これまでずっと東電は『原発は絶対に安全です。決して放射性物質をバラ撒いたりしません』と、主張していたのですよ。なのに結局は無主物どころか、強烈な毒物をバラ撒いたわけです。これで『自分たちには責任がない』と言うとは、どういう精神構造をしているのでしょうか」

=====

「これまで原子力関係の裁判で、国が敗訴したことはありません。裁判官の世界も、国を困らせないような判決を出すことで出世していくシステムができている。原子力の問題に関しては三権分立など存在しないと考えたほうがいい」

=====


12月16日 花粉の飛散時には私はマスクはすべきだと思います 小出裕章(MBS)

2011年12月16日

2011年12月14日(水)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

今回は質問に答えるという形式でした。環境省が東電社員を「除染活動推進員」に任命したこと、汚染瓦礫の「焼却煙」からセシウムをとる方法、崩壊後のセシウム137、セシウム134、ストロンチウム90がどうなるか、セシウムの花粉に移る割合10分の1程度の調査結果などについて小出裕章氏は言及しています。

番組内容

2011年12月15日【木】
俳優・山本太郎がみたチェルノブイリ
 SPウィーク、シリーズ「いま、言っておきたいこと」4日目。今夜は、脱原発運動の“旗手”ともいえる俳優の山本太郎さんに、MBSの東京支社スタジオに来ていただき、話を聞きます。
 山本さんは先月末から、チェルノブイリ事故の影響を受けた地域を描くドキュメンタリー映画撮影のためヨーロッパ入りしていて、昨日帰国したばかりです。
 現地では事故の影響を受けたベラルーシや、脱原発運動の盛んなドイツなどを見てきたということで、世界の原発問題の「今」に迫ります。
 番組では、そんな山本さんにうかがいたい質問をリスナーのみなさんから、募集しています。
 また、京大原子炉実験所の小出裕章先生のコーナーもあります。

録音
http://youtu.be/eU8N0Kw2YuQ

内容文字おこし
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65780700.html


12月14日 ほんっとのことをいうなら国の法律を守ってすべての人を逃がすべきだと私は思うのです 小出裕章(MBS)

2011年12月15日

2011年12月14日(水)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

避難区域に帰宅困難区域が新たに指定されたこと、滋賀県がSPEEDI情報開示を断られ続けていること、などに言及しながら、除染の意味と避難について本音を語っています。

番組内容

2011年12月14日【水】
「清武の乱」の真実
つい我が身に置き換えてしまう人も多いのでは。「いま言っておきたいこと」がテーマのSPウィーク3日目は読売巨人軍前球団代表の清武英利さんです。組織人が組織を背く大義とは・・・小出先生の原発事故解説も。

録音
http://youtu.be/WLYOXWsPCTM

内容文字おこし
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65780522.html


12月14日 未来の世代は、私たちに聞くと思いますよ。あの時お前は何をしていたと 小出裕章(TOKYO FM)

2011年12月14日

2011年12月14日(水)、小出裕章氏が、TOKYO FM「クロノス」に出演されました。

<番組内容>

今週のクロノスは、
今年話題の人物に聞く
【Top Opinion 2011~心を整えるチカラ~】

今年ベストセラーになった「原発のウソ」著書で、京都大学 原子炉実験所 助教:小出裕章さんのロングインタビューをお送りします。
40年以上前から「反原発」を訴え続けてきた小出さんが、2011年の暮れに、今改めて何を思うのか。心の支えにしてきたものは?そして、2012年を迎える私達へのメッセージとは。この不確かな時代に、折れない自分を創るためのヒントを探ります。

<録音>
http://youtu.be/bjckBU-zPBc

<内容文字おこし>
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65780387.html


12月13日 福島県民外部被ばく線量調査結果 1mSv超4割に「少なすぎる」・山下俊一氏見解を批判 小出裕章(MBS)

2011年12月14日

2011年12月13日(火)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

番組内容

2011年12月13日【火】
仮釈放の鈴木宗男元衆院議員 何を語る?
今夜は、1年間の服役生活を経て
先週仮釈放されたばかりの鈴木宗男元衆議院議員に
東京のスタジオから出演していただきます。
収監されていた時はどんな生活をしていたのか、
東日本大震災・原発事故など激動のこの1年の
日本の政治をどのように見ていたのか、
そして5年間は選挙に立候補できない中、今後どう生きていくのかなど、
さまざまな疑問をぶつけます。
リスナーのみなさん、鈴木宗男さんに聞いてみたいことを
メールやFAXでお寄せください。
京大原子炉実験所の小出裕章さんの解説もあります。

録音
http://youtu.be/ke8OKkSwYGE

内容文字おこし
(1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65780377.html
(2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65780379.html


12月8日 除染は原子力村の新しい収入源になっています 小出裕章(ルモンド紙)

2011年12月13日

2011年12月8日、フランスのルモンド紙が小出裕章氏のインタビューを掲載しました。訳出は、ブログ「フランスねこのNews Watching」さんです。海外の原発関連の記事を日本語訳してブログに掲載されています。素晴らしいお仕事をいつもありがとうございます。

以下、ブログ記事を転載いたします。(注釈は日本人が読むときには不必要と判断し省いてあります)
=====

「除染は原子力村の新しい収入源になっています」ルモンド紙による小出助教へのインタビュー(12月8日)

ルモンド紙は12月8日、京都大学原子炉実験所の小出裕章助教へのインタビューを掲載しました。ここではその一部をご紹介します。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は、日本の原子力分野で最も注目される人物の一人だ。日本政府の原子力政策に異を唱えたために、他の同様の考えを持つ科学者たち同様、ほぼ40年間にわたって科学界の「牢獄」に閉じ込められてきた。小出助教は何の責任も任されず、少しの予算しかあてがわれない「助手」に留められてきた。
続きを読む »