1月9日 4号機倒壊の危険性と40年原則廃炉について 小出裕章(MBS)

2012年1月9日(月)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

・原子力発電所の賛否を問う住民投票条例の制定を目指す市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」の大阪府での署名活動で、有権者の50分の1(約4万3000人)を超える約5万人分があつまったことについて
・「40年で原則廃炉」というザル法について。
・4号機の水素爆発が、1号機3号機とは変わっていたものだったこと。その爆発のせいで建物が倒壊する危険性があること、について。

番組内容

2012年1月 9日【月】
大阪の新成人は何を思う?
2万3300人が新成人となる大阪市。橋下徹市長は新成人に「政治参加」を呼びかけました。「政治」というとついおじさん・おばさんの声が目立つような気もしますが、最も長きにわたって影響を受けるのは若い世代です。都構想や教育改革など新政策を次々と打ち出す橋下市政に、大阪の将来を担う皆さんは何を思うのか?上田崇順アナが聞きました。京大・小出先生の原発事故解説も。

録画
20120109 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章 – YouTube

内容文字おこし
(1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65784721.html
(2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65784723.html

現在コメントは受け付けていません。