6月13日 政治の中枢にいる人達、あるいは経済を握っている人たちは、原子力から足を洗う気はさらさら無いということが少しずつまたわかってきている 小出裕章(MBS)

2012年6月13日(水)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

メインテーマは……。

  • 自民党 廃炉40年延長に反対
  • 保安院 美浜原発10年延長指示
  • もんじゅ 今後の運転のため試験計画を1億円で発注
  • SPEEDI 事故直後 文科省が調査に生かしたが避難に生かさなかったこと
  • アメリカの原発再稼動の利害
  • 野田首相の再稼動会見
  • などについてです。

    放送内容

    2012年6月13日【水】

    自然エネルギーに託す~足るを知る社会へ

     今夜は、NPO法人「地域再生機構」副理事長の平野彰秀さんをゲストに、自然エネルギーを使っての“村おこし”について、お話を伺います。
     平野さんは、東大大学院卒業後、外資系コンサルタント会社などの職を経て、故郷・岐阜県の山村にUターンすることを決意。以後、その地に家族とともに居を構え、水車などで起こした電気で地域再生に取り組んできました。
     今夜、そんな平野さんに、原発事故後の未来について、日本人がどんな生き方を模索していけるのか、意見を聞きます。
     また、京大・原子炉実験所の小出裕章さんのコーナーもあります。

    録音
    ▼20120613 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

    内容文字おこし
    (1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65810468.html
    (2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65810470.html
    (3)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65810471.html
    (4)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65810473.html

    コメントは停止中です。