5月30日 菅さんの判断や行動のどこに問題があったかをあげつらっても、意味はないのに 小出裕章

2012年05月30日、毎日新聞東京夕刊に小出裕章氏のコメントが掲載されました。

国会事故調における菅直人氏の参考人招致を受けてのコメントです。

▼特集ワイド:国会事故調・菅氏の証言、どう聞いたか 井戸川克隆・福島県双葉町長/小出裕章・京都大学原子炉実験所助教- 毎日jp(毎日新聞) 変更する
http://mainichi.jp/feature/news/20120530dde012040009000c.html
=====
◇混乱恐れ、過小に公表−−京都大学原子炉実験所助教・小出裕章さん

 京都大学原子炉実験所(大阪府熊取町)の小出助教は研究室のパソコン画面で、事故調の聴取に見入った。

 専門は原子力安全で研究者の立場から一貫して原発の危険性を訴え続けてきた。研究室の蛍光灯は消されている。「不必要な電気は使いません。エアコンも10年は使っていないから、動かないでしょうね。暑ければ風を入れればいいですから」

 「原子力災害発生への認識は」「原子力緊急事態宣言の発令は党首会談の前にできなかったのか」などの質問が続く。小出さんは時々、ふうっとため息をついた。「菅さんの判断や行動のどこに問題があったかをあげつらっても、意味はないのに」
=====
※記事全文は、上記のリンク先でご確認ください。

コメントは受け付けていません。