8月9日 東京電力テレビ会議の新事実 2号機 海水注入「もったいない」について 「私はもう海水どころか泥水でもいいから入れてくれと思いました」 小出裕章(MBS

2012年8月9日(木)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

テーマは……。

  • 東京電力のテレビ会議の新事実 2号機の海水注入を幹部が躊躇
  • 静岡県知事が関心を示したトリウム原発を中部電力が開発開始
  • についてです。

    内容

    2012年8月 9日【木】

    被ばくと国家責任 広島、長崎、そして福島

    きょうは長崎原爆の日。原爆と原発事故は、当然のことながら原子力にかかわる悲惨な出来事という点で深い関わりがありますが、それのみならず、被害を受けた人々に対して国が責任をとったのか、どのような姿勢で対応してきたのかという点でも通底する問題です。国が原爆被爆者に対して現在まで行なってきた政策と、原発事故被ばく者に対する政策の具体的な内容を比較し、「被ばくと補償」(平凡社新書刊)を著した九州大准教授・直野章子さんに話を伺います。
    京都大学原子炉実験所助教・小出裕章さんの解説コーナーも是非お聴き下さい。

    録音
    ▼20120809 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

    内容文字おこし
    (1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65818747.html
    (2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65818760.html

    [お知らせ]
    ▼いつもありがとう たね蒔きジャーナル ネット寄せ書きプロジェクト
    http://love-tanemaki.seesaa.net/

    現在コメントは受け付けていません。