8月30日 福島県 子供の甲状腺検査 3万8千人の35.8%にあたる1万3千人以上に嚢胞やしこり「よくあることなんてことは医学の常識としてはなかったはず」 小出裕章(MBS)

2012年8月30日(木)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

テーマは……。

  • 福島第一原発において、冷却水注入量が低下したこと
  • 福島県のいて子供の甲状腺検査が行われ、3万8千人の35.8%にあたる1万3千人以上に嚢胞やしこりが見つかったこと
  • 浜岡原発5号機の原子炉にサビが浮かんでいる可能性
  • についてです。

    内容

    2012年8月30日【木】

    初の県民投票なるか 浜岡原発再稼働の是非

    静岡県御前崎市にある中部電力浜岡原発について、再稼働の是非を問う住民投票条例制定を求める16万5127人の有効署名が県に提出されました。この直接請求を受け、静岡県知事は賛成意見を付けて議会に条例案を提出する見通しで、初めての県民投票が行なわれる可能性が高まっています。きょうはこの署名運動を進めてきた市民団体「原発県民投票静岡」代表の鈴木望さんに、県民投票の必要性や、運動を進める中でどのような県民の意思がみえてきたのかお聞きします。
    京大・原子炉実験所の小出裕章さんのコーナーも是非お聴き下さい。

    録音
    ▼20120830 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

    内容文字おこし
    (1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65821686.html
    (2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65821690.html
    (3)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65821691.html

    コメントは停止中です。