9月6日 使用済み燃料に中性子あて半減期へらす研究の乗り越えられない2つの壁・輸入食品へのガンマ線での殺菌 小出裕章(MBS)

2012年9月6日(木)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

テーマは……。

  • 2号機が1番放射能をまき散らしたという政府シナリオ
  • J-PARKセンター 使用済み燃料に中性子をあて、半減期を減らす研究
  • 輸入食品のガンマ線照射での殺菌
  • についてです。

    内容

    2012年9月 6日【木】

    脱原発の政治を目指す!「緑の党」発足

    きょうの特集ゲストは、
    7月末に発足した「緑の党」共同代表のひとり、
    京都市在住の長谷川羽衣子さんです。
    緑の党は、ヨーロッパでの歴史が長く、
    ドイツやフランスでは連立政権に参加した時期もありますが、
    日本では政治にどんな影響を与えていくのでしょうか。
    「近いうち」に行われる衆議院選挙では、どう闘うのでしょうか。
    リスナーのみなさん、日本の「緑の党」について
    ご意見・質問をお寄せください。
    京大原子炉実験所の小出裕章さんには、
    福島第一原発2号機が放出した大量の放射性物質の話や、
    食品に放射線を照射して殺菌することの是非などについて聞きます。

    録音
    ▼20120906 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

    内容文字おこし
    (1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65822657.html
    (2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65822698.html
    (3)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65822699.html

    コメントは停止中です。