10月1日『 現在でも毎日2億4000万ベクレルもの放射性セシウムを垂れ流す福島第一原発はリアルタイムで進行中!』について小出裕章解説(ベスト&ワースト)

2012年9月24日に東京電力が「福島第一原発からは9月時点でも毎時1000万ベクレルの放射性セシウムが垂れ流しである。」と公表した事について、たね蒔きジャーナルに出演されている小出裕章さんの解説を元に、ベスト&ワーストが記事にしていましたので、このブログでも共有させていただきます。

以下、情報を引用いたします。

▼引用元:2012年10月1日 福島第一原発から放射性セシウム垂れ流し!-毎時1000万ベクレル、小出裕章氏の分析は?(ベスト&ワースト)
http://www.best-worst.net/news_aipzFKbXLW.html

=====(引用ここから)=====

福島第一原発から放射性セシウム垂れ流し!-毎時1000万ベクレル、小出裕章氏の分析は?

■毎時1000万ベクレル!毎日2億4000万ベクレル!
2012年9月24日、東京電力は「福島第一原子力発電所1~4号機の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ進捗状況(概要版)」にて福島第一原発からは9月時点でも毎時1000万ベクレルが放出中であることを発表した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1~3号機原子炉建屋からの現時点の放出量(セシウム)を,原子炉建屋上部等の空気中放射性物質濃度(ダスト濃度)を基に,1号機約0.003 億ベクレル/時,2号機約0.005 億ベクレル/時,3号機約0.02 億ベクレル/時と評価。1~3号機合計の放出量は設備状況が変わらないこと等から先月と同様に最大で約0.1 億ベクレル/時と評価。これによる敷地境界における被ばく線量は0.03mSv/年と評価。(これまでに放出された放射性物質の影響を除く)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グラフを見る限りでは今年の2月から大きな変化はなく、毎時1000万ベクレルが放出されている状況が続いているようである。

数字だけ聞くと非常に凄まじい感じであり、福島第一原発事故はリアルタイムで進行中という思いを持ってしまう。

■小出裕章氏がこの現状に言及
27日には、たね蒔きジャーナルに出演した京都大学原子炉実験所の小出裕章氏がこの毎時1000万ベクレル放出の現状について解説を行っている。

2012年09月27日【木】京都大学原子炉実験所 小出裕章・たね蒔きジャーナル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もちろん放射能ですから、影響は必ずあります。
ただし、今聞いていただきましたように、事故直後には猛烈な放射能がすでに出てきてしまっていて、その出てきた放射能が大地そのものを全部汚してしまっているのです。

それに対する被ばくに比べれば、今現在福島第一原子力発電所から出てきている放射性物質の量は随分少ないと思いますし、そちらを心配するよりは、すでに自分たちの周りを汚染してしまっている放射性物質を心配したほうが良いだろうと思います。
(参考:2012年09月27日【木】京都大学原子炉実験所 小出裕章・たね蒔きジャーナル)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小出裕章氏は、毎時1000万ベクレルは問題であるとしながらも、すでに放出されてしまった放射性セシウムの方が重大な問題であるとした。

福島第一原発は既にボロボロであり、この程度の放射性セシウムが放出されるのは当たり前の話であるとのことだ。

当然、これも異常事態には違いないが、それよりもこれまでに放出された放射性セシウムの方がはるかに量が多いのである。

事故直後は、現在の10億倍の放射性セシウムが放出されてしまっているのである。

同氏は現状放出されている放射性セシウムよりも、既に放出され自分たちの周りを汚染してる放射性セシウムの方を心配すべきであるとしている。

=====(引用ここまで)=====

2012年9月27日 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

内容文字おこし
(1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65825572.html
(2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65825649.html
(3)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65825650.html

コメントは停止中です。