8月12日 小出裕章が語る 原発のない世界へ 講演『放射能汚染の現実を超えて』YOU TUBE配信(一部内容文字おこし)

2012年8月12日に開催されました小出裕章さんの講演「原発のない世界へ『放射能汚染の現実を超えて』」の動画がYOU TUBEにて配信されていましたので、このブログでも共有させていただきます。

以下、情報を引用いたします。

▼引用元:小出裕章が語る 原発のない世界へ 講演『放射能汚染の現実を超えて』 – YouTube

unaticEclipseNuke19 さんが 2012/10/13 に公開
小出裕章が語る 原発のない世界へ 講演『放射能汚染の現実を超えて』

=====(引用ここから)=====

一部内容文字おこし

小出「ある時にこの地上に産み落とされて、
   まぁあと何年かしたら、
   たぶん死ぬんだろうと思いますけれども、
   一回しか生きられないんです。
   私は。みなさんだってそうです。
   一回しか人生って送れない。取り返しがきかない。
   そうなったら、自分が生きたいと思うとおりに
   生きるしかないと、私は思う。のです。

   金がほしいなんて、そんなつまらない事を
   どうして思うのかと、思うし、
   本当に自分のやりたいと思う事に、
   自分の時間、自分の頭、自分の体をかけて、
   いくというのが、一番いいだろうと私は思いました。
   ですからこう、今まで生きてきましたし、
   今日私はこの会場にいる。

   今日の開場は労働者の方々が多いのだそうで、
   大変重大な集会だと思っています。
   えぇ、ただ私は、去年の事故が起きてから、
   たくさんの方が私を呼んでくださるようになりました。
   ありがたいと思いますけど嬉しくありません。

   事故が起きてしまったから、みなさん私を
   呼んでくださるようになったわけですけれども、
   事故なんてなかったのが一番いいんです。
   私はオオカミ少年のまま死んだのが、
   本当は一番いい。のです。
   でも残念ながら起きてしまって、
   私を沢山の方が呼んでくださるようになりました。 

   今まで呼んでくださった方の全てに行きたいと
   思ってきましたけれども、
   でも実際には10件に1件くらいしか、
   お引き受けできないで、今日まできています。
   でも今日の集会も大事だと思いましたので、
   私はお引き受けして、この場に立っているのですが、
   これからじゃあどうするかということで、
   私は、う〜ん、ちょっとした基準を決めました。

   沢山のお誘いの中からどこをお引き受けするか
   という基準を考えて、今三つ考えてます。

   一つは、敵地です。敵の現場で戦えるのなら、
   そこにまず行くと。というのが第一で。

   その次は現地です。原子力の場で具体的に戦っている、
   そうゆう現地に行きたいというのが次です。
   この労働者の集会もたぶん、
   その現地のうちの一つだろうと
   私は思っていますが、そう、思います。

   三番目は若い人と、
   いうところに行きたいと思っています。
   えぇ、今日の集会はお年寄りの方が多いので、
   その基準からはちょっとはずれていますけれども。
   若い人たちになんとかこれまでやってきた私達の誤り、
   私達の世代の誤りというのを伝えて、
   たった一回しか生きられない人生を
   もっと有意義に生きてほしいという事を伝えたいと、
   私は思っています。

   えぇ、みなさんも私と同じように
   一回しか生きられない命ですので、
   それぞれに個性を発揮して生きていただきたい
   と思いますし、そうして連帯して頂けるのならば
   大変ありがたいと思います。」

=====(引用ここまで)=====

関連記事はこちらです。

10月9日~23日 小出裕章さん講演『放射能汚染の現実を超えて』がスカパー(シアターテレビジョン)にて放映されます « 小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ

コメントは停止中です。