9月10日 小出裕章さん他計56名が声をあげた『再稼働に反対「原発ゼロの日本」へ踏み出そう』(全国革新懇ニュース)

2012年9月10日発行日の全国革新懇ニュース(9月号)にて、小出裕章さん他計56名が『再稼働に反対「原発ゼロの日本」へ踏み出そう』と題した記事が報道されていましたので、このブログでも共有させていただきます。

以下、情報を引用いたします。

▼引用元:全国革新懇ニュース紹介

=====(引用ここから)=====

「原発ゼロの日本」へ
  各界56氏がアピール
  全国革新懇ニュース9月号

「全国革新懇ニュース」9月号は「原発の再稼働に反対し、『原発ゼロの日本』へ踏み出そう」と訴える安野光雅(画家)、小出裕章(京都大学助教)、中島京子(作家)の各氏ら56氏を紹介しています。
 「悲しい過ちを二度と繰り返してはいけません」(女優・秋吉久美子さん)、「声をあげ続けましょう」(女優・根岸季衣さん)などのメッセージも。革新懇と初めて共同する人びとも少なくありません。
 このほかオスプレイ配備が日本の安全をさらに脅かすと指摘する孫崎享・元外務省国際情報局長の「視点」、平和や原発ゼロへの思いを語った女優・市原悦子さんの「スポットライト」なども好評です。

今号の原発問題の各界アピール。「原発ゼロ」が命や暮らしを守る根源的な要求であることを改めて浮き彫りにしている。同時に知的で人間的な連帯の広がりを感じた。賛同者の秋古久美子さんは小中高時代を福島で過ごした。3月の取材のさい、福島産の桃を買って食べたことについて「くやしい」「本当においしかった」と語り、原発事故への心痛と被災地に寄り添う優しさが印象的だった▼全国革新懇の各界アピールは32回を数える。賛同者はのべ1337人。平和や社会進歩を願う人びとを限りなく励ましてきた。重ねる中で賛同者との一致点が一点から複数に広がることもうれしい特徴だ▼再稼働反対の官邸前行動に参加している。小学生同伴の母親や学生らと出会い、話を交わすと、新しい時代への願いが深部で花開いていることを痛感する。今回のアピールもそのうねりを広げる力となるだろう。【和】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

原発ゼロの日本を
  京大助教の小出裕章さん
  全国革新懇ニュース10月号

「全国革新懇ニュース」10月号に小出裕章・京都大学原子炉実験所助教が登場しています。
 40年余、原発に反対し続けてきた理由について、事故による放射性物質放出の危険性や使用済み核燃料の毒性などを指摘。生き方にも触れて、「一人ひとりが自分の才能や歴史を輝かせながら、生きてほしい」と語り、反響を呼んでいます。
 このほか、9月に発足したおかやま青年革新懇のルポを掲載。橋下「維新の会」の反知性主義を批判する翻訳家の池田香代子さんの「視点」、尖閣問題で外交不在からの脱却を訴える中江要介元中国大使の談話なども好評です。

=====(引用ここまで)=====

現在コメントは受け付けていません。