10月15日『危ないとわかっているのに動かすことが、そもそもおかしい』小出裕章(毎日新聞)

2012年10月15日の毎日新聞夕刊にて、小出裕章さんのコメントが掲載されていました。

以下、情報です。

▼引用元:2012年10月15日 特集ワイド:「原発ゼロ」戦略、どこへ/上 核燃料サイクルを温存、「虚構」に逃げる政府- 毎日jp(毎日新聞)

=====(引用ここから)=====

特集ワイド:「原発ゼロ」戦略、どこへ/上 核燃料サイクルを温存、「虚構」に逃げる政府

毎日新聞 2012年10月15日 東京夕刊

原発ゼロ戦略の矛盾

 大阪府市は10日、福井県の関西電力大飯原発3、4号機の運転継続は原発ゼロ戦略と矛盾するとし、国に停止を申し入れた。元経済産業官僚で大阪府市統合本部の古賀茂明・特別顧問は「戦略では、原子力規制委の新安全基準作成後、基準を満たした原発を動かすのが大前提。電力確保の名目だけで再稼働させた大飯は止めるのが筋」と強調する。

 もっと根本的な批判がある。京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は、即座に全てを廃炉にすべきだと言う。「事故がどんな事態を招くのか。福島事故から学んだうえでの政策でしょう。危ないとわかっているのに動かすことが、そもそもおかしい」と憤る。

 原発ゼロを目指す「革新的エネルギー・環境戦略」は、多くの矛盾を露呈しつつある。戦略の再構築が必要だ。

=====(引用ここまで)=====

原発関連 最新書籍をチェック
(※管理費用捻出のため、もしよろしければこちらからAmazonでお買い物していただけると助かりますm(_ _)m)

コメントは受け付けていません。