12月24日 東海村 村上村長「闘いこれからが本番」 第2回脱原発サミットin茨城に小出裕章さんが参加予定

2012年10月15日 東京新聞にて、第1回脱原発サミットのついての報道がありました。その中で、次回、12月24日の第2回の参加者に、小出裕章さんの名前がありました。

以下、情報です。

▼引用元:2012年10月15日 東京新聞:福島事故から学べ 東海村でサミット:福島原発事故(TOKYO Web)

=====(引用ここから)=====

【福島原発事故】
福島事故から学べ 東海村でサミット

 原発が立地する茨城県東海村で十四日、「第一回脱原発サミットin茨城」が開かれ、佐藤栄佐久・前福島県知事や評論家の佐高信氏、地元の村上達也村長らが東京電力福島第一原発事故から学ぼうとしない国への不信をあらわにした。 (林容史)

 日本原子力発電東海第二原発(東海村)の廃炉を目指す市民グループ「茨城の環境と人を考える会議」が主催。約五百五十人が会場に詰め掛けた。

 パネルディスカッションで、「脱原発をめざす首長会議」の設立呼び掛け人にもなった根本良一・前福島県矢祭町長は「原発を使うか使わないか判断するのは政治。ここで反省しなければ原発は止まらない」と訴えた。

 佐藤前知事は、行き場のない核廃棄物の処分問題を懸念。「経済産業省の連中が、(福島第一原発のある)福島県双葉郡が最終処分場に最適だと考えないか心配。われわれが福島に戻るという気持ちを持ち続けなければ」と呼び掛けた。

 また、村上村長は冒頭、「脱原発の戦いはこれからが本番。村長として東海第二原発廃炉の考えは揺るがない」と誓った。コーディネーターの佐高氏は「原発に倫理はない。反原発こそ倫理。自治をゆがめる原発の意味を考えてもらいたい」と話した。次回は小出裕章・京都大原子炉実験所助教や、脱原発をめざす首長会議世話人の三上元・静岡県湖西市長を招き、十二月二十四日に開催する。

=====(引用ここまで)=====

チラシ
http://www.zenkyou.com/news/2012/1014.pdf

参考録画
▼東海村で脱原発サミット

※第1回のサミットの雰囲気がわかります。東海村村長の発言に強い意志が込められています。

原発関連 最新書籍をチェック
(※管理費用捻出のため、もしよろしければこちらからAmazonでお買い物していただけると助かります)

【訂正】

タイトルに一部誤りがありましたので、これをお詫びし訂正させていただきます。

誤り: 12月14日 東海村長「闘いこれからが本番」第2回脱原発サミットin茨木には小出裕章さんが参加予定
訂正: 12月24日 東海村長「闘いこれからが本番」第2回脱原発サミットin茨城には小出裕章さんが参加予定

コメントは停止中です。