11月15日「科学技術がやってきたことは地球を収奪することだけだった。この世界をやめさせ、一次産業を大切にした世界に戻らなければいけない」(農文協ブックレット)

2012年11月15日、ロシナンテ社より発行されました対談本「原発事故後の日本を生きるということ」に小出裕章さんも参加されていますので、このブログでも共有させていただきます。

以下、情報を引用いたします。

▼引用元:ロシナンテ社 : 対談本「原発事故後の日本を生きるということ」発行

=====(引用ここから)=====

ロシナンテ社 : 対談本「原発事故後の日本を生きるということ」発行

原発事故後の日本を生きるということ
(農文協ブックレット)
槌田劭・小出裕章・中嶌哲演著 (2012/11/15)

¥ 840 単行本

皆さまへ

いつもロシナンテ社へのご支援、ありがとうございます。
「原発事故後の日本を生きるということ」
槌田劭さん・中嶌哲演さん・小出裕章さんとの対談本が完成しました。版元は農文協です。
1冊 定価840円 本文104頁
是非、槌田さんのお力をお借りしながら3・11以降の私たちが生きていくことの意味を考えてみました。
槌田さん――安全だけを求める「お客さん」でいいのか。反原発や有機農業運動における利己主義の問題が今問われている。
中嶌さん――もう目を覚まさなければいけない。つましい生活と自然の中で日本人に育まれてきたゆかしいモラルを呼び起こして。
小出さん――科学技術がやってきたことは地球を収奪することだけだった。この世界をやめさせ、一次産業を大切にした世界に戻らなければいけない。

ご注文はこのアドレスへ。
お三方のご厚意で印税分を現物の本でロシナンテ社が頂戴しました。この本の売り上げがロシナンテ社の年末の大きな資金繰りです。
是非、まとめてのご注文をよろしくお願いします。送料は1冊 70円。2冊以上は送料100円です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1冊800円。送料(76円:1冊の場合)
よろしければ是非、定期購読をお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
|ロシナンテ社は、「月刊むすぶ」の購読代で成り立っています。|
|是非、定期購読の輪にご参加ください。
ーーーーーーーーー
定期購読者大募集!!
定期購読・年間8,400円「定期購読代は送料込みの値段です」
郵便振替口座 01080―6―42151
ロシナンテ社
〒605‐0974 京都市東山区泉涌寺五葉ノ辻町28
TEL & FAX 075-533-7062
お問い合わせメールはこちらまで!
e-mail:musub@big.or.jp
HP:http://www9.big.or.jp/~musub/

=====(引用ここまで)=====

原発関連 最新書籍をチェック
(※管理費用捻出のため、もしよろしければこちらからAmazonでお買い物していただけると助かります)

現在コメントは受け付けていません。