9月2日「単に自分の所に汚染が来ないで欲しいというそれだけでなく もし引き受けるのならば 子供達を守るため条件を必ず守らせるという運動をして欲しい」(文字おこし がれき)

2012年9月2日、YOU TUBE にて公開されました動画『小出裕章氏 北九州市で震災がれき焼却をすべきでない理由(約4分間)』の内容文字おこしを『みんな楽しくHappy♡がいい♪』さんがされていましたので、このブログでも共有させていただきます。

以下、情報を引用いたします。

▼引用元:「徹底的に間違えている 日本の国のがれき問題 」小出裕章氏 (内容書き出し) – みんな楽しくHappy♡がいい♪

=====(引用ここから)=====

2012年9月 北九州市 小出裕章氏 

京都大学原子炉実験所小出と申します。
私は実験所の中で、放射能に汚れたゴミの管理に当たっている人間です。
その私から見ると、放射能に向き合う時の原則というものがあります。
それは、
放射能は発生した現場、今ある現場で、出来る限りコンパクトにして、そこで専用に閉じ込める。

一般のゴミと混ぜてはいけないし、産業廃棄物とも混ぜてはいけない。
放射能のゴミとして専用に管理するというのが原則です。

その私の原則から言えば、
今、日本の国ががれき問題でやろうとしていることは、徹底的に間違えています。

全国にばら撒いてしまうという事自身がまず間違えているし、
そこで出てきた焼却灰をそれぞれの自治体に任せて、そこで埋めるなんていう事は、
全くあり得ない事を国はやろうとしています。

それを受け入れるという自治体があるということ自身が私には不思議ですし、
そんな事は決して認めてはいけないと私は思います。

ただし、今現在大変に困難な状況が福島を中心にしてあります。
がれきが放置されている限りは、福島の子どもたちも被ばくをしてしまっているわけで、
それを何とかしなければいけないという、課題は残っています。

それに対して、
今現在の国のやり方が正しくないという事は、私は何百回でも言いたいと思いますけれども、では、
「がれき問題をどうするのか?」と、
「自分のところに来なければいいのか」と、
それだけで考えて欲しくはないと、私はそうも思います。

それぞれの地域の方は大変だろうとは思いますけれども、
充分に考えていただきたいと思います。
以上です。

Q:もうひとつ、
  正式にやるんだったら、どういう形なら可能か?

小出:えー、本当はやってはいけません!

Q:焼却をやってはいけないと?

小出:
焼却は、私はやっても良いと思いますが、
焼却はそれぞれの現地に専用の焼却施設を作って、そこで焼く。
そして出てきた焼却灰は専用の施設で保管をするということが原則です。
ですから、それを本当は国がやらなければいけないのですが、
国が全くやらないという、デタラメな国なんですね。
その中で子どもを守るために、私たちに何ができるか?という事を私も考えているわけです。

そして仮に、どこかの、全国というか、北九州市もそうですけれども、
そこで引き受けるというのであれば、
二つの事は必ずやらなければなりません。

一つは、
現有の焼却施設というのは、
放射性物質を閉じ込めるという事に、何の考慮も払われていない施設ですので、そこで焼いてはいけませんので、
放射性物質を取り扱う前に、
ちゃんと放射性物質を捕捉できるようなフィルターなどを取り付けてからでなければやってはいけない。
というのがまず第一です。

そして第二には、
出てきた焼却灰というものは、もともとは東京電力の所有物が汚染しているものなわけですから、
焼却灰は東京電力に返す。
自分のところで始末をするなんていう事ではなくて、
東京電力に返すという事の筋道をつけて、初めてやっていいという事だと思います。

ですから住民の方々も、単に自分のところに汚染が来ないで欲しいというそれだけではなくて、
福島を中心とした汚染地の子どもたちを守るために
もし引き受けるのであればその二つの条件を必ず守らせるという、
そういう運動の組み立て方をして欲しいと思います。

もしそれが実現出来るのであれば、
自分たちの子どもたちも守れますし、
汚染地の子どもたちの被ばくも減らすことができると考えていただきたいと思います。

=====(引用ここまで)=====

原発関連 最新書籍をチェック
(※管理費用捻出のため、もしよろしければこちらからAmazonでお買い物していただけると助かります)

コメントは受け付けていません。