11月27日「都民だったなら宇都宮けんじに投票したい」小出裕章(すきすきたねまきの会)


2012年11月28日、ブログ『ざまあみやがれい!』で、11月27日大阪にて行なわれたジャーナリズムのあり方について語るライブでの小出裕章さんの発言について、書かれた記事を配信されていましたので、このブログでも共有させていただきます。

以下、情報を引用いたします。

▼引用元:小出裕章「都民だったなら宇都宮けんじに投票したい」よし、代わりに投票行くか!:ざまあみやがれい!

=====(引用ここから)=====

昨日、大阪で小出裕章さんの講演を聞きに行ってきた。ジャーナリズムのあり方について語るライブ会場でのイベントだった。

そこで小出裕章さんは、東京都知事選について、都民だったら何の躊躇もなく宇都宮けんじさんに一票を入れると述べていた。

東京から参加した僕は、代わりに投票するつもりで、人生で初めて投票に行こうと思った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それ以外でも、ジャーナリズムに関して興味深い一言があった。

「真実は広大なんですよね。」

確かに真実は広大だ。真実は一つではなく、ものすごくたくさんの数がある。そんな当たり前の事実を、「真実は広大だ」と小出裕章さんが表現をしたことに、強烈に気持ちを揺さぶられた。

会場にいた多くの方々も同じだったのではないか。打ち上げで話した女性も、その言葉に心を動かされたという。

真実は広大だ。本当に真実は広大だ。

たね蒔きジャーナル存続運動で「すきすきたねまきの会」が立ち上がったが、届けられた多くの寄付金をもとに、新しい報道番組を自らの手で作ろうとしている。

まだ歴史の1ページにはなっていないかもしれない。

その動きの中で、実は僕は大役を仰せつかっている。

今後、新しい番組を通して、多くの人に貢献しようと、僕はちょっと燃えているんです。

=====(引用ここまで)=====
▼関連記事はこちらです。
11月27日 小出裕章さんのトークショー『3.11後のジャーナリズム〜その在り方を問う〜』が大阪市にて開催されます « 小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ

原発関連 最新書籍をチェック
(※管理費用捻出のため、もしよろしければこちらからAmazonでお買い物していただけると助かります)

コメントは受け付けていません。