3月16日 電力供給自体で言うなら、原子力はまったく必要ありません。/ラジオフォーラム「小出裕章ジャーナル」文字起こし

小出裕章ジャーナル

2013年3月16日に放送された「ラジオフォーラム第9回」番組での「小出裕章ジャーナル」の内容を文字起こし致しました。

【主なお話】
「エネルギー基本計画」を検討する有識者会議から、巧妙に「脱原発」を表明する委員が排除されている問題

【パーソナリティー】
石井彰(放送作家)

【ゲスト】
森達也(作家・映画監督)

【電話出演】
小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)

▼ラジオフォーラム
http://www.rafjp.org

▼文字起こしは以下。

◆石井
小出さん、今日も宜しくお願いします。

◆小出
はい、よろしくお願いします。

◆石井
あの、ゲストは、作家で映画監督の森達也さんです。

◆小出
はい、楽しみにしておりました。

◆森
森です〜。

◆小出
はい、こんにちは。

◆石井
あの、小出さん、今日あの小出さんにお聞きしたいのはですね〜、経済産業省から3月1日、エネルギー基本計画を検討する有識者会議の新たな委員、15人が発表されましたが、いわゆるまあ原発をもうやめようじゃないかというメンバーは二人しか入っていずにですね、え〜これは明らかに安倍自民党公明党連立政権はですね〜、原発をもう一度動かそうじゃないかというような気配が感じられるという見方もあるんですが、いかがでしょうか。

◆小出
え〜、気配どころか絶対そうすると彼らが宣言したわけですね。

◆石井
エネルギー基本計画というのの前にですね、あの〜以前小出さんにお話を伺ったときに、日本は原発推進の法律があるんだよと、その法律をまずなんとかしなきゃいけないというお話もありましたよね。

◆小出
私はそう思います。

◆石井
いつ頃決められたかということをちょっと簡単に…

◆小出
確か1955年、54年か55年だと思いますが。

◆石井
1950年代に入って…

◆小出
原子力基本法という法律を作りました。

◆石井
はい。

◆小出
それは、平和目的に限るということが書いてはあるのですけれども、でも少なくても原子力をこれからどんどん進めるということが書かれていて、原子力基本法の元で、日本の原子力開発というものが行われてきました。

◆石井
そうするとぉ、あの実際に原子力発電を無くそうという風に考える人たちは、まず、この法律をなんとかしなきゃいけないということになりますよね。

◆小出
そうです。
え〜、その法律の元でさまざまな組織が作られてきまして、例えば原子力委員会という委員会も一番はじめに作られました。
え〜、その原子力委員会の今の委員長は、近藤駿介さんという東大の教授、です。
んで〜、その近藤さんがあるときに、原子力に反対をしている人たちを話をしているときに、え〜私は原子力委員会の委員長だし、原子力基本法の元で仕事をしている人間だと、え〜、そういう人間として原子力発電に反対をするということは、法律に反する行為をすることになるので、原子力発電に反対はできないと発言をされました。

◆石井
おぉ〜〜〜。

◆小出
正にその通りであって、原子力基本法という法律がある限りは、原子力を推進するために仕事をしなければいけなくなってしまっています。
原子力委員会自身が、例えばその原子力開発利用長期計画というものを作って、エネルギー計画全体の中で原子力の役割のようなことをこれまで決めてきたのです。
え〜そのときにはやはり原子力をどんどんやるという前提で作ってきたわけで、え〜、エネルギー計画全体のものも、やはりエネルギーをどんどん使うという方向で作ることになるだろうと思います。

◆石井
あの〜、実際に今回のメンバーをご覧になって小出さん自身はどういう風にお考えになりましたか。

◆小出
まぁ自民党色がますます強まってきたわけですし、民主党で少しは抑制的なメンバーがいたわけですけれども、今後は本当にもう原子力をどんどんどんどん推進していってしまうというその路線が敷かれてしまったということだと思います。

◆石井
で〜、実際にあの原発をもう卒業しようよという、原発を止めようよという方は二人しか残っていないという風にも報道されていますが、なかなか二人で13人残りの人を相手にいろいろ議論するというのはたいへんですよね。

◆小出
おっ、もちろん議論は出来ると思います。
え〜、お二人の方はしっかりした方ですから、議論はしてくださるだろうと思いますけれども、最後は数で決まってしまうわけですし、え〜、要するに経産省のほうがもうその委員会をどうするかというのを方向性を決めちゃっているわけですから、どんなに頑張って抵抗したところで結論は決まってしまっています。

◆石井
あの〜、森さんから何か。

◆森
もう30年くらい前ですよね。
忌野清志郎さんが反原発ソングを作ってね、結局まあ発売禁止、放送禁止の措置を受けたというですけれども。

◆小出
そうでしたね。

◆森
その歌詞の中でまあ「要らねぇ、要らねぇ、電力なんか余ってるってよ」ってそういうフレーズがあるんです。
この時代って、たぶん日本中の原発20何機、たぶんまだ30機無かったんじゃないかなと…

◆小出
そうですね、28機だったかな、30機だったかな、そのくらいだったと思います。

◆森
で、今54機あるわけですよね。

◆小出
はい。

◆森
で〜、今ほとんど稼働していません。

◆小出
はい。

◆森
じゃ、電力足りてないかって、今年の冬は記録的な寒さだし、去年の夏はもう記録的な暑さだったけど、何の問題もないですよね。

◆小出
もちろんです。

◆森
あの〜、だから、安全かなんか論じる前に必要か、本当に必要なのか必要でないか、僕はもうこれ必要ないと思うんですよね、今の原発状況を考えたらね。

◆小出
え〜と電気の供給が足りるとか足りないとかということであれば、原子力はまったく要りません。
はい、それは政府の統計データを見ても、歴然としています。

◆森
そっからやっぱりもう少し考えるべきでぇ、あの〜安全か安全でないかという論議はその元に、じゃ本当に必要なんだなというコンセンサスが出来ればね、その論議に行ってもいいと思うんですけれども、その以前に電気必要ないじゃんっていうねぇ、そういった発想がもっと強く前に出て来てもいいんじゃないかなと気もするんですけどねぇ。

◆小出
もちろん私はそう願いますけれども、え〜今日本の国家のほうは、原子力を止めると停電してしまうぞという脅しをかけてきているわけですね。
で〜、多くの人たちは電気が使えなくなれば困るからということで、その宣伝に屈服してしまっているという状況にあるわけですから。

◆森
ほとんど稼働していないのに何ら停電どころかねぇ、暖房冷房こんなに使っているけど何の問題もありませんもんねぇ。

◆小出
そうです。
あの〜、夏だって関西電力の大飯原子力発電所の再稼働ということも結局はやりましたけれども、大飯の原子力発電所なんかまったく動かなくても電力供給に支障は無かったということはもうデーターは裏付けているわけですから。

◆森
そうですねぇ。

◆小出
電力供給自体で言うなら、原子力はまったく必要ありません。

◆石井
あの〜、僕らが刷り込まれちゃったのはもちろんメディアの責任もあると思うんですが、小出さん自身はどういう風に見ていらっしゃいますか。

◆小出
それは国家が原子力をやると決めたわけですし、その回りに電力会社を始めとする巨大企業がもう既に群がってきているわけですね。
そして、マスコミも全体がその体制に取り込まれてしまっていて、原子力はいいものだ、原子力を止めればエネルギーが足りなくなるぞという宣伝をずうっと流し続けてきたわけですから、多くの国民が騙されたとしても、私はあながち無理の無いことだなと思います。

◆石井
ただし、騙された私たちにも責任がある。

◆小出
はい、当然そうだと私は思います。

◆石井
いつも難しいことに本当に丁寧に小出さんは答えてくれて、難しい質問ばっかりで申し訳ないんですが、また来週もよろしくお願い致します。

◆小出
こちらこそよろしくお願いします。

◆石井
ありがとうございました。

◆小出
はい、ありがとうございました。

▼音声

原発関連 最新書籍をチェック
(※管理費用捻出のため、もしよろしければこちらからAmazonでお買い物していただけると助かります)

現在コメントは受け付けていません。