5月1日 雑誌「MOKU」の特集に小出さんの記事が掲載/特集:人類は進歩したのか…

moku

2013年5月1日発売の雑誌「MOKU」の特集に小出さんの記事が掲載されていますので、情報として掲載致します。

月刊誌MOKU 最新号の紹介


=====(引用ここから)=====

生きる意味を深耕する月刊誌―MOKU(モク) 2013年5月号
特集:人類は進歩したのか…

文明は進歩する。その一方で、文明を進歩させたことで発生する責任から人間は逃避する。
精神的「風化」が無意識に始まるという現実。
文明に負けてしまった人間は、文明の下僕となる。
自らを駆逐していく文明を、幾度かのエネルギー革命によって加速させてきたのは誰か。
それは人類の進歩と呼べるのか。
しかし、科学や物質文明そのものに責任があるのではない。
生きることを虚しくさせてしまう歴史を続けようという人間の問題である。
未来に責任を持って今を生きている自覚を持てない人間の問題である。
1,800円(税・送料込)

独慎抄
人間と文明との関係を問い続けてこその進歩

【特 集】人類は進歩したのか…

風化
─原発事故から二年、突き付けられる国民の真の課題
●京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
●本誌主筆・京都造形芸術大学教授・京都造形芸術大学/東北芸術工科大学共同研究機関「文明哲学研究所」所長 井原甲二

【年表】
人類は果たして「進歩」したのか?

「進歩」の逆襲に起って─われわれはどこへ行くのか
●東京大学大学院情報学環教授 佐倉 統

エネルギー革命史が語る人類の未来
―欲望の果てに人類はどこへ向かうのか
●文化人類学者・早稲田大学人間科学学術院教授 蔵持不三也

人間は科学を善にも悪にもする
●早稲田大学社会科学総合学術院教授 小山慶太

荒さず、破らず、殺さざるべし
●科学史・比較文明学者 伊東俊太郎

[第二特集]「眼」─近現代文明の前提を疑う!

「核抑止論」を疑え!
●明治学院大学国際学部教授 高原孝生

=====(引用ここまで)=====

原発関連 最新書籍をチェック
(※管理費用捻出のため、もしよろしければこちらからAmazonでお買い物していただけると助かります)

コメントは受け付けていません。