【毎日新聞】東日本大震災:福島第1原発事故「放射能の悲劇、認識を」豪の小児科医ら講演−−上京/京都

毎日新聞

2014年3月10日付の毎日新聞のWebサイトに、3月8日に開催されたヘレン・カルディコット財団主催講演会『未来を担う子どもたちの為に、今、私たちにできること ~フクシマ惨事から3年、現状と課題~』に関する記事が掲載されていましたので、情報として転載致します。

東日本大震災:福島第1原発事故 「放射能の悲劇、認識を」 豪の小児科医ら講演−−上京 /京都


=====(引用ここから)=====
東日本大震災:福島第1原発事故 「放射能の悲劇、認識を」 豪の小児科医ら講演−−上京 /京都
東京電力福島第1原発事故の現状と課題について考える講演会「未来を担う子どもたちの為に今、私たちにできること」が8日、京都市上京区のホールであった。
放射能による健康への影響を研究しているオーストラリア・メルボルン出身の小児科医、ヘレン・カルディコットさんと、京都大原子炉実験所の小出裕章助教が放射性物質が子どもたちに与える影響などについて語った。
=====(引用ここまで)=====
以下の文章の閲覧には、毎日新聞Webへの会員登録が必要ですので、引用致しません。

原発関連 最新書籍をチェック
(※管理費用捻出のため、もしよろしければこちらからAmazonでお買い物していただけると助かります)

コメントは受け付けていません。