【週プレNEWS】震災から3年。「汚染水漏れ事故」に慣れてしまうことの危険性

週プレNEWS

2014年3月11日付の週プレNEWSのWebサイトに、小出さんへの取材記事『震災から3年。「汚染水漏れ事故」に慣れてしまうことの危険性』が掲載されていましたので、小出さんのインタビュー箇所のみを情報として転載致します。記事全文は転載元のWebをご参照ください。

『震災から3年。「汚染水漏れ事故」に慣れてしまうことの危険性』


=====(引用ここから)=====
2月20日、福島第一原子力発電所で深刻な汚染水漏れ事故が起きたことが発表された。

汚染水をためるタンクからあふれ出した水の量はおよそ100トン。それも、ベータ線を放出する放射性物質を1リットル当たり2億4000万ベクレル含んだ、超高濃度の汚染水だ。

単純計算で、漏れ出した水に含まれる放射性物質は24兆ベクレル。これは、どのくらいの数字なのだろうか? 京都大学原子炉実験所の小出裕章助教に聞いた。

「広島型原爆1個がまき散らした放射性セシウムの量がおよそ89兆ベクレルです。ストロンチウムの量はそれより少し少ないぐらいと考えればいいでしょう」

=====(引用ここまで)=====

原発関連 最新書籍をチェック
(※管理費用捻出のため、もしよろしければこちらからAmazonでお買い物していただけると助かります)

コメントは受け付けていません。