9月12日 3.11から1年半「故郷を追われた人、汚染地に取り残されている人という、ものが、現…現実に今でも、いらっしゃる そういう人達の苦痛はずうっとまだまだ続くわけですから。これから何十年という単位で傷が残ると思います」小出裕章(MBS)

2012年9月13日

2012年9月12日(水)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

テーマは……。

  • 3.11から1年半が経過していること
  • 1号機で、クリプトン85と水素濃度が時折上昇していること
  • 上記の件について東京電力が調査、セシウムが微量放出される可能性があること
  • についてです。

    内容

    2012年9月12日【水】

    一票の格差って何?! ~その中身と、改善できない議員のホンネに迫る

     日本維新の会の立ち上げ、民主・自民両党の党首選の様相など、
    連日政局の報道が新聞を賑わせていますが、結局選挙はどうなるんでしょうね。。。
     で、その選挙の時期が話題の中心となっていた時に、
    たびたび報道で取り沙汰されていた「一票の格差」の問題を、今回の特集のテーマにします。
     一票の格差って、一体何?という説明や、
    なぜ昔からなかなか問題が解決されないのか?
    そこにはどんな議員・政党の利害が絡んでいるのか?
    などを、元参院議員で、現在政治アナリストの若林秀樹さんをゲストにお招きし、
    元議員だからこそ知る「議員のウラガワ・ホンネ」も含め、解説して頂きます!
    また、京大原子炉実験所の小出裕章さんには、
    最近の気になる原発関連の報道について、お伺いします。

    録音
    ▼20120912 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

    内容文字おこし
    (1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65823533.html
    (2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65823541.html


    2月13日 2号機300℃超 圧力容器底の温度計「「そうであればどこかで壊れた。(他の温度計もアテにしては)もちろんいけない」」小出裕章(MBS)

    2012年2月14日

    2012年2月13日(金)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

    テーマは……。

    ・福島第一原発2号機の圧力容器の底の温度計が、300度以上を指し示し、東電が計器の故障とほぼ断定したことについて。

    です。

    番組内容
    2012年2月13日【月】
    年金、どうしたらいいの?
    厚生年金では、50歳代で受け取る額が、支払った額より少なくなりはじめ、若い世代では2000万円以上も損をしてしまう。世代によってこんなに不公平感があるのかという、驚きの数字を、年末の特集で、学習院大学教授の鈴木亘さんから聞きました。先週末には、民主党の新年金制度の試算が公表され、消費税は17%以上にする必要があるとか、年収420万円以上の人は今の制度より受け取る額が減るといった、不信感が増すものでした。年金をどう立て直すことができるのか、学習院大学の鈴木さんと考えます。
    東京電力・福島第1原発2号機原子炉圧力容器の温度が上昇し続けています。京都大学の小出先生に聞きます。

    録音
    ▼20120213 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

    内容文字おこし
    http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65790308.html


    2月7日 2号機温度上昇「今測れていないところですでに100℃を超えているところもあるかもしれない」小出裕章(MBS)

    2012年2月8日

    2012年2月7日(火)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

    テーマは……。

    ・圧力容器内の温度計が温度上昇を続け、70度前後で高止まりしている福島第一原発2号機について。ホウ酸水注入でも温度低下をしないことについてなど。

    です。

    番組内容

    2012年2月 7日【火】
    普天間だけではありません・・・
    沖縄にのしかかる様々な米軍基地問題。普天間基地問題が迷走していることや沖縄防衛局長が選挙に絡んだ問題を起こしたことにしても、「国が国民をどう見ているのか」よくわかる事態が表面化しています。この日曜日には、普天間基地のある宜野湾市の市長選挙があり、これも注目が集まっています。一方で、大きくニュースにならない問題もたくさん潜んでいます。きょうは米軍の訓練場をめぐる問題で苦しめられている沖縄の住民の方にお話を伺います。東村高江の安次嶺現達さんと電話でつなぎます。
    原発事故のニュースは京都大学の小出先生に聞きます。

    録音
    ▼20120207 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

    内容文字おこし
    http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65789376.html


    2月6日 2号機再臨界の可能性 「(東電発表が)本当なのであれば、再臨界ということはないと思います」小出裕章(MBS)

    2012年2月7日

    2012年2月6日(月)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

    テーマは……。

    ・2月に入って圧力容器の底の部分の温度上昇が続いている2号機の再臨界の可能性について
    ・帰村宣言を出した川内村で、ミミズから1キログラムあたり2万ベクレルの放射性セシウムが検出されたことについて

    です。

    番組内容

    2012年2月 6日【月】
    金融機関が目指す「脱原発」
    東京に本店のある城南信用金庫は、
    福島第一原発の事故の後、
    経済界では異例の「脱原発宣言」を発表しました。
    今夜は吉原毅理事長と電話をつなぎ、
    「脱原発宣言」の理由や
    企業としての「脱原発」の取組み、そして、
    原発依存社会の背景にある拝金主義についても
    お話いただきます。
    京大原子炉実験所の小出裕章さんには、
    福島第一原発2号機の原子炉圧力容器底部の
    温度上昇の理由などについてお話を聞きます。

    録音
    ▼20120206 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

    内容文字おこし
    (1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65789237.html
    (2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65789239.html