7月12日 1年も経てば原子炉が停止した直後に比べれば(熱は)100分の1まで減ってくれる。数百時間は溶けるまでに時間がかかるということになる。対処の仕方はかなり楽になる 小出裕章(モーニングバード)

2012年7月13日

2012年7月12日(木)、テレビ朝日モーニングバード内コーナー「そもそも総研」に小出裕章さんがVTR出演されました。しんちゃんさんに情報を提供いただきました。

テーマは、「そもそも、二度と日本に放射能をまき散らさないために必要なことは何か?国会事故調委員に聞く」で、小出氏の他に、国会事故調委員の野村修也氏(中央大学法科大学院教授・弁護士)が提言されています。

▼20120712 国会事故調委員が語る 原発停止でも規制は重要

▼内容文字おこしは以下。 続きを読む »


7月11日 国会事故調・最終報告の今後の取り扱われ方が決まってないことについて「人災ですね」小出裕章(MBS)

2012年7月12日

2012年7月11日(水)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

メインテーマは……。

国会事故調最終報告

人災という結論

津波到達時刻がこれまでの東電発表よりも遅い可能性

地震で非常用電源が壊れていた可能性

報告の今後の取り扱われ方がきまっていないこと

についてです。

内容

2012年7月11日【水】

小沢新党に将来はあるのか

小沢新党がきょう結党されました。党名は「国民の生活が第一」。しかし各種世論調査でみる限り、消費増税法案に反対し離党に至った小沢氏の行動について、国民の支持率は低く、新党の先行きは必ずしも明るいものではありません。きょうは小沢氏と共に民主党を離党し、新党に参加した大阪15区選出の衆議院議員・大谷啓さんをゲストに招き、新党の今後についてお聞きします。

京大・原子炉実験所の小出裕章さんのコーナーもあります。

録音
▼20120711 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

内容文字おこし
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65814566.html


5月30日 菅さんの判断や行動のどこに問題があったかをあげつらっても、意味はないのに 小出裕章

2012年6月17日

2012年05月30日、毎日新聞東京夕刊に小出裕章氏のコメントが掲載されました。

国会事故調における菅直人氏の参考人招致を受けてのコメントです。

▼特集ワイド:国会事故調・菅氏の証言、どう聞いたか 井戸川克隆・福島県双葉町長/小出裕章・京都大学原子炉実験所助教- 毎日jp(毎日新聞) 変更する
http://mainichi.jp/feature/news/20120530dde012040009000c.html
=====
◇混乱恐れ、過小に公表−−京都大学原子炉実験所助教・小出裕章さん

 京都大学原子炉実験所(大阪府熊取町)の小出助教は研究室のパソコン画面で、事故調の聴取に見入った。

 専門は原子力安全で研究者の立場から一貫して原発の危険性を訴え続けてきた。研究室の蛍光灯は消されている。「不必要な電気は使いません。エアコンも10年は使っていないから、動かないでしょうね。暑ければ風を入れればいいですから」

 「原子力災害発生への認識は」「原子力緊急事態宣言の発令は党首会談の前にできなかったのか」などの質問が続く。小出さんは時々、ふうっとため息をついた。「菅さんの判断や行動のどこに問題があったかをあげつらっても、意味はないのに」
=====
※記事全文は、上記のリンク先でご確認ください。