【東京新聞】「原子力を選択した責任は、子どもにはない。 何としても大人が守らなければいけない」〜子ども守るため 除染、一時疎開も/小出京大助教が講演

2014年4月20日

東京新聞

2014年4月20日付の東京新聞のWebサイトに、4月19日に栃木県那須塩原市で開催された放射能汚染問題について考えるイベント「311『つながる、つたえる、そして未来へ』集い」の記事が掲載され、小出さんのお話の概要も紹介されていましたので、情報として引用致します。写真も含む記事全文は引用元のWebをご参照ください。

東京新聞「子ども守るため 除染、一時疎開も 小出京大助教が講演」

続きを読む »


12月24日:「だまされた側にも責任はある」と断じ、「この事態を起こした大人として、子どもを被ばくから守らなければならない」茨城県東海村で「脱原発サミットin茨城」

2012年12月26日

東京新聞:東海村で「サミット」「脱原発」の灯消えない

2012年12月25日、東京新聞の『東海村で「サミット」「脱原発」の灯消えない』という記事に小出裕章氏のご意見が掲載されていましたので、その記事を転載致します。
続きを読む »


12月16日 「原子力発電には都会では引き受けることができないほどの危険を持っているが故に過疎地に押しつけるのだという結論だった。」東京新聞「あの人に迫る」小出裕章氏のインタビュー

2012年12月17日

小出裕章(京都大学原子炉実験所)の情報を拡散する会

2012年12月16日の東京新聞記事「「あの人に迫る」に、小出裕章氏のインタビューが掲載され、『小出裕章(京都大学原子炉実験所)の情報を拡散する会』さんのFacebookにて、記事を転載されていましたので、このブログでも共有させていただきます。

以下、情報を引用いたします。 続きを読む »


12月24日 東海村 村上村長「闘いこれからが本番」 第2回脱原発サミットin茨城に小出裕章さんが参加予定

2012年10月16日

2012年10月15日 東京新聞にて、第1回脱原発サミットのついての報道がありました。その中で、次回、12月24日の第2回の参加者に、小出裕章さんの名前がありました。

以下、情報です。 続きを読む »


【アースデイ田中正造】9月30日 『国を豊かにするという思想のもと、企業を保護し住民は切り捨てる構図が一貫している』小出裕章講演(東京新聞/毎日新聞/下野新聞)

2012年10月9日

2012年9月29日、栃木県佐野市にて開催されました小出裕章さんの講演 『正造さんと原子力』(田中正造没後100年記念事業 『アースデイ田中正造』)について、各新聞社が報道していましたので、このブログでも共有させていただきます。

講演会の動画はこちらで御覧いただけます。
https://hiroakikoide.wordpress.com/2012/10/06/tanaka_2012sep29/

以下、情報を引用いたします。 続きを読む »


9月16日 復興予算42億円 原子力ムラに 「被災地の復興を最優先に考えるならば、むしろ原子力機構の不要不急な研究事業を削減して財源を確保する取り組みが不可欠 核融合エネルギーは、実用化のめどが立っておらず一般会計も含めて研究予算を付けること自体が無駄遣い」小出裕章(東京新聞)

2012年9月17日

2012年9月16日(日)、小出裕章さんのコメントが、東京新聞に掲載されました。

京都大原子炉実験所・小出裕章助教は「被災地の復興を最優先に考えるならば、むしろ原子力機構の不要不急な研究事業を削減して財源を確保する取り組みが不可欠だ。核融合エネルギーは、実用化のめどが立っておらず一般会計も含めて研究予算を付けること自体が無駄遣いだ」と批判している。

以下、記事全文。 続きを読む »


8月4日【たね蒔きジャーナル打ち切り問題】「国がでたらめな情報しか流さず、事実を知らせなければいけないと思った時に声をかけてもらった。私の考えを伝えられ大変ありがたかった。打ち切りが本当でしたら残念です」小出裕章(東京新聞)

2012年8月11日

8月4日、小出裕章さんのコメントを東京新聞「こちら特報部」が掲載しました。

存続が危ぶまれている「たね蒔きジャーナル」に関するものです。

小出さんのコメント

=====

『「国がでたらめな情報しか流さず、事実を知らせなければいけないと思った時に声をかけてもらった。私の考えを伝えられ大変ありがたかった。打ち切りが本当出したら残念です」』

=====

[お知らせ]
▼いつもありがとう たね蒔きジャーナル ネット寄せ書きプロジェクト
http://love-tanemaki.seesaa.net/