9月12日 3.11から1年半「故郷を追われた人、汚染地に取り残されている人という、ものが、現…現実に今でも、いらっしゃる そういう人達の苦痛はずうっとまだまだ続くわけですから。これから何十年という単位で傷が残ると思います」小出裕章(MBS)

2012年9月13日

2012年9月12日(水)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

テーマは……。

  • 3.11から1年半が経過していること
  • 1号機で、クリプトン85と水素濃度が時折上昇していること
  • 上記の件について東京電力が調査、セシウムが微量放出される可能性があること
  • についてです。

    内容

    2012年9月12日【水】

    一票の格差って何?! ~その中身と、改善できない議員のホンネに迫る

     日本維新の会の立ち上げ、民主・自民両党の党首選の様相など、
    連日政局の報道が新聞を賑わせていますが、結局選挙はどうなるんでしょうね。。。
     で、その選挙の時期が話題の中心となっていた時に、
    たびたび報道で取り沙汰されていた「一票の格差」の問題を、今回の特集のテーマにします。
     一票の格差って、一体何?という説明や、
    なぜ昔からなかなか問題が解決されないのか?
    そこにはどんな議員・政党の利害が絡んでいるのか?
    などを、元参院議員で、現在政治アナリストの若林秀樹さんをゲストにお招きし、
    元議員だからこそ知る「議員のウラガワ・ホンネ」も含め、解説して頂きます!
    また、京大原子炉実験所の小出裕章さんには、
    最近の気になる原発関連の報道について、お伺いします。

    録音
    ▼20120912 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

    内容文字おこし
    (1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65823533.html
    (2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65823541.html


    6月28日 原発ゼロの会「原発危険度ランキング」・1号機地下トーラス室で10.3シーベルトについて 小出裕章(MBS)

    2012年6月29日

    2012年6月28日(木)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

    メインテーマは……。

  • 福島第一原発1号機原子炉建屋地下のトーラス室で、10.3シーベルトを検出
  • 原発ゼロの会「原発危険度ランキング」発表
  • 大飯原発1号2号の特殊な原子炉の構造。設計耐圧0.8気圧
  • についてです。

    内容

    2012年6月28日【木】

    白梅学徒隊の悲劇・沖縄慰霊の日の現実

    沖縄には、有名な「ひめゆりの塔」でも知られる女子学徒隊がいくつもあり、多数の犠牲者を出しました。彼女たちは野戦病院に駆り出された挙句、戦況悪化に伴う突然の解散命令で砲火の中に放り出されたのです。今夜はその一つ、白梅学徒隊で奇跡的に生き残った中山きくさんに電話をつなぎます。先週土曜の沖縄慰霊の日の式典で、野田首相は安全保障の重要性を強調しましたが、中山さんたち沖縄の人たちはこれをどう聞いたのでしょう。基地問題などが一向に進展しない状況にどんな思いを抱いているのでしょう。現地取材をしたジャーナリストで新聞うずみ火代表の矢野宏さんとともに話を伺います。
    京大・原子炉実験所の小出裕章さんのコーナーもあります。

    録音
    ▼20120628 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

    内容文字おこし
    (1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65812692.html
    (2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65812789.html


    5月23日 1号機格納容器内水位40センチとの解析結果「そう思います サプレッションチェンバーはGEがこのタイプの格納容器を作った時から弱点と言われていた」小出裕章(MBS)

    2012年5月24日

    2012年5月23日(水)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。

    メインテーマは……。

    ・東京電力福島第一原発1号機には毎時六トン前後の冷却水が注入されているのに、格納容器内の水位はわずか四十センチほどしかない可能性が、原子力安全基盤機構(JNES)の解析で分かったこと。
    ・JNESの担当者は「格納容器内の温度は三〇度程度と高くはない。水に漬かって冷やされているとみられる」と指摘したこと

    についてです。


    放送内容

    2012年5月23日【水】

    大阪府市エネルギー戦略会議って、なに?

     今夜は、大飯原発の再稼動問題などで注目を集める「大阪府市エネルギー戦略会議」の特別参与の河合弘之さんをゲストに、大阪のエネルギー戦略について話を聞きます。
     河合さんは、「脱原発弁護団全国連絡会」の代表も務める弁護士であり、原発再稼動に対して、反対の立場を貫いています。
     そんな中、先日、橋下市長は「原発の夏だけ稼動」について言及し、各方面に波紋を広げています。
     番組では、「戦略会議」内で、いったいどんな方針で、話が進められているのかなど、その内幕について、河合さんに伺います。
     また京大・原子炉実験所の小出裕章さんのコーナーもあります。

    録音
    ▼20120523 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

    内容文字おこし
    (1)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65807034.html
    (2)http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65807035.html